No.1348

この辺で、声高らかに、Shoutしたい。そして、In My Bedで、With Or Without Youであろうとも、Just Like Heavenのように、JumpできることでHung Upする。例え、それが、It’s No Goodでも、それこそが、Everythingなのだ。Every Breath You Takeなのだ。あるいは、Don’t Disturb This Grooveであったとしても、Sunshineのごとく、輝くRight Nowとなるのだ。だからこそ、Don’t Stop The Danceとして、One More Nightする。そこでは、Under Pressureがあろうとも、Age Ain’t Nothing But A Numberとして、The Sweetest Daysの想い出となるに違いない。

 

報告者:

上はpdfになりますので、クリックしてダウンロードして読んでいただければ幸いです。なお、pdfの青の文字はハイパーリンクとなっております。



テキストで読みたい場合は、下をクリックしてください。



...その他の研究報告書もどうぞ

ダレナン

ダレナン