No.1348

題名:この辺で、声高らかに、Shoutしたい。そして、In My Bedで、With Or Without Youであろうとも、Just Like Heavenのように、JumpできることでHung Upする。例え、それが、It’s No Goodでも、それこそが、Everythingなのだ。Every Breath You Takeなのだ。あるいは、Don’t Disturb This Grooveであったとしても、Sunshineのごとく、輝くRight Nowとなるのだ。だからこそ、Don’t Stop The Danceとして、One More Nightする。そこでは、Under Pressureがあろうとも、Age Ain’t Nothing But A Numberとして、The Sweetest Daysの想い出となるに違いない。
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1347の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 若干、あるいは、若干どころではないクオリティーの低下は、マクベスの5リラのように、5リラは本日のレートで、約95円となる1)。そのマクベスの5リラは、チン・パンジーにも類似して、格別に咆哮を放っていた、ことは録音されている。しかしながら、そうこうするうちに、走行した5リラは、ラッパと連れだって、パンツしはじめる。やはりであるが、前にもすでに書いたであろうこのフレーズは、パン2として、ニコニコとなり、やはりパン2なしでは、やっていけないことを示唆している。ゆえに、それは、結局のところ、5リラとて同じであり、涙目ながらに訴えることにもなろうか。そこでの意識革新は、なんてことはない、昔の杵柄をブラッシュアップしただけであり、さらには、そこには、魔の境界が潜んでいる。だからこそ、これを是正することが、今後の課題となるであろう。
 その一方で、道のりは険しかったものの、未開の地で起こったその出来事は、あらゆるものも飲み込みつつも、一定の啓示事件として解決の兆しを見せ、そこでのジャングルの支配下によって、新たな時代の側面へと生まれ変わった。だからこそ、いまこそ飛び立たねばなるまい。その先には、テーブルを愛する水面としての、平原的な要素が関わっているからである。著しく示されているであろうその関連性は、なきにしもあらずで、この先、どう進めればよいか思案する状況と奇しくも重なる。その花弁なる妖術は、まったくもって意味をなさずとも、そこでの解明は、いずれ期待される。そして、その神秘たる証は、シンビオウスのジェルジウスでもって、語られることになろうか。
 この辺で、声高らかに、Shoutしたい。そして、In My Bedで、With Or Without Youであろうとも、Just Like Heavenのように、JumpできることでHung Upする。例え、それが、It’s No Goodでも、それこそが、Everythingなのだ。Every Breath You Takeなのだ。あるいは、Don’t Disturb This Grooveであったとしても、Sunshineのごとく、輝くRight Nowとなるのだ。だからこそ、Don’t Stop The Danceとして、One More Nightする。そこでは、Under Pressureがあろうとも、Age Ain’t Nothing But A Numberとして、The Sweetest Daysの想い出(図)となる(No.1347)。

図 想い出2)

1) https://keisanki.me/calculator/index/TRY/5 (閲覧2019.7.18)
2) https://www.pinterest.jp/pin/737745982690201012/ (閲覧2019.7.18)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ