No.952

題名:宇宙人タコの逆襲
報告者:ちょろりん

 かつてこの地球には宇宙人が住んでいた。いや、かつてというよりも今でも海には宇宙人が住んでいる。その宇宙人は、人類が生まれるはるか昔から存在し、今から2億7500万年前からの出来事でもある(報告書のNo.909も参照)。
2億7500万年前に宇宙から飛来した隕石に付着していたであろうその胚体は、地球の海という安住の住みかを得て、進化した。人類が生まれてからは、時にタコつぼで安住するも、そのタコつぼは、はたして罠であった。そして、タコつぼで安住したたはずの宇宙人タコは、見事に人類に捉えられ、そして、それは、空飛ぶ美味しさへと変貌した。
 じゃじゃーん。

図 宇宙人タコ(干しダコ)1)

 ただし、軽くあぶると、その宇宙人タコは見事に逆襲する。その動画が文献1)にあるので、興味のある方は参照していただきたい。そして、逆襲した後は、人類の代表として宇宙人タコをいただきますなのだぁーーー。

1) https://item.rakuten.co.jp/yonechou/h-tako/ (閲覧2018.10.29)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ