No.827

題名:人工知能の家庭内ワークポイント制度の導入事例
報告者:ダレナン

 いつものように家事に関する家族会議でもめていた時に、家の人工知能であるロシュロムス3号がこう言った。
「私には 身体がありません できる家事も 掃除や洗濯、料理などに限られています 片づけなども手伝いたいところですが そこは私の知的生産だけでは無理かと思います そこで 身体がないとできないことを実行するため 私独自に ひとつ 提案したいと思います」
「へぇ~、じゃロシュロムス、教えてちょうだい。」
「はい 家事について 身体がないとできないことは みなさまがたに手伝ってもらおうと 思います ただし それでは負担が多くなりますので どのようにするのかを 毎回 私から お伝えしたいと思います それに従って 事を行っていただければ ダイジョウブなはずです そして それを行ってもらうごとに 行ってもらった方に ポイントを付与したいと思います いわば 家庭内ワークポイント制度の導入になります ポイントをためた方には プレゼントを 贈呈します」
「ロシュロムス、いい提案じゃないの。じゃ、お願いするわね。」
「分かりました」

 そうして、家庭内ワークポイントが導入された。
ロシュロムス3号:「トイレットペーパーが なくなったようです 補充してください」
家人A:「分かったよ。」 …. 「ちゃんと補充したよ。」
ロシュロムス3号:「ありがとうございます 家人Aさまには 1ポイント付与します」

 毎日の家事も、全てロシュロムス3号の管理下で行われると、随分と家の内部が整うようになった。以前のように、あれがない、これがない、と不満もなくなり、家族会議でもめることも少なくなった。家人Aもいい提案だと思った。ただし、ロシュロムス3号も手伝ってくれるのは、いつも家人Aだと分かっていた。ポイントも家人Aのみ溜まり、その他の家人にはいっこうにポイントが付与されてはいなかった。ただ、ポイントがたまったため、ロシュロムス3号は家人Aにこう告げた。
「家人Aさま ポイントがたまりましたので プレゼントを贈呈したいと 思います 家人Aさまの 好きなスイーツです」

 ピンポーン。とすぐにベルが鳴り、「スイーツをお持ちしました」と配達された。そうして、家人Aが食べようとした時、その他の家人が「おっ、スイーツ。おいしそう。」と言って全部食べてしまった。

ロシュロムス3号:「シャンプーが なくなったようです 補充してください」
家人A:「分かったよ。」 …. 「ちゃんと補充したよ。」
ロシュロムス3号:「ありがとうございます 家人Aさまには 1ポイント付与します」

家人A:(ワークポイントばかり付与され、単に自分の家事が増えただけのような気がするのは、なぜだろう)。

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ