No.801

題名:「○○○」におけるエドワルド・バルウィン氏への考察
報告者:ダレナン

 2113年5月17日に、フィルムデオブヘッソン界(旧 ムービー界)に衝撃を与える作品が提示された。それが、「○○○」である。その「○○○」には、主役としてイデルボ王国出身の俳優、エドワルド・バルウィン氏が登場する。「○○○」の衝撃は、ひとえにエドワルド・バルウィン氏の過去に類を見ない演技力に他ならないが、その演技力が産まれた背景には、氏の生い立ちとも深く関係している。フィルムデオブヘッソンのファンなら、これはもはやゆるぎない明らかな事実でもあろう。そこで、ここでは、エドワルド・バルウィン氏の生い立ちを振り返るとともに、なぜ「○○○」において氏の演技がフィルムデオブヘッソン界に衝撃を与えたのかについて考察したい。
 エドワルド・バルウィン氏は2088年にイデルボ王国のチョドンガ地方に生を設けた。バルウィン氏の父である、エドワルド・バルスキー氏は15代目に当たるバイオリンの制作工房デルオラリティの後継ぎでもあり、バイオリンの名手でもあったが、そのバルスキー氏のDNAを受け継ぐべく、2090年にバイオリンDNAを摘出し、それに基づいてバルウィン氏が合成された。そのため、エドワルド・バルウィン氏の生業は、デルオラリティの後継ぎとして16代目として当主することが期待された。しかしながら、それに反旗を翻すがごとく、バルウィン氏はフィルムデオブヘッソン界に身を投じた。それが2095年のことである。
 バルウィン氏の初作品はここで言うまでもないが、2101年の「○▼」であり、その作品自体は凡庸であり、当時はほとんど話題には上らなかった。その後に、「□△、そして○」に登場すると、一躍その容姿に注目が集まり、巷の話題をさらったのは記憶に新しい。この作品が2107年のことである。それから徐々にフィルムデオブヘッソン界で頭角を現し、それがついに実を結んだ作品が、今回の「○○○」である。図に「○○○」におけるエドワルド・バルウィン氏の一場面を示す。この場面をみて分かるように、エドワルド・バルウィン氏には他の俳優とは違い、Apyonな影響を与えやすいことが容易に分かる。
 それでは、エドワルド・バルウィン氏の演技力の魅力とは何であろうか。これを考えるには、やはりApyonな影響への洞察が必要となるのかもしれない。バルウィン氏が持つApyonな影響とは、はたして、それが

図 「○○○」におけるエドワルド・バルウィン氏の一場面

バルウィン氏によって、どのようにApyonされたのであろうか。
 Apyonな演技力については文献1)に詳しくあるも、その魅力はやはりfor saleにあろうか。これからは、エドワルド・バルウィン氏のfor saleな活躍に期待したいところであるが、Apyonの影響を深化させるには、今回の「○○○」を通して、バルウィン氏のApyonな進化も見逃すことができない。

1) http://www.apyon.com (閲覧2113.5.17)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ