No.2050

題名:存在を
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的に No.2049の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

「そう、それだと機種変になっちゃう。だけど、りどる安心して。これIndiegogoでのプロトタイプの製品なんだ。だから、やっぱり躊躇しちゃう。これの正式な発売があったら、若干若干、そう若干心が傾くけれども、今はない。まだ今は…」
「まだいまは、ないんだにゃん。ということはきしゅへんなしで、まだいまは、ぼくはきえない。ここからきえることはない。そういうことだにゃんだな。でも、ちみは、めがさめれば、ひこうきのなかだけれども、きしゅへんしちゃうとぼくはしょうしつしちゃう。で、それはそれでかなしいにゃん…。ところで、にっしんのゆーふぉーどう?」
 そう言って。リドルは日清焼きそばUFOを勧めてくれた。いつの間にやら沢山の種類となっていた。しばし迷った。が、結局は原点に戻る。他が消えても、これだけは残る。それがオーソドックスな味だ。で、オーソドックスで思い出した。そういえば画期的な湯切り、ターボ湯切りがあったのもUFOだ。
「りどる、ターボ湯切りがあったよ、そうだ、ターボ湯切りだ。UFOの」
「そっ、たーぼゆきりで、ちみはかこにもどることができたんだにゃん。それがひんと」
「何だか話がこんがらがっているけど、こんがらがってという表現すら怪しいけれども、こういうことかな。僕はりどるに出逢った。そしてりどるのおかげで過去に戻った。過去のようでそれは過去を遡って次の未来に進むターボとなった。きっとそれはスーパーチャージャーじゃ、実現できなかったんだよね」
「そうだにゃん。あるていどのかいてんりょくがひつようだったからにゃん。そこからはじまるでー、たーぼのいりょく。ところで、えヴぁんちゃん、どう?」
「うん、いい人に出逢えた。これも運命だと思う。りどるのおかげだ」
「いやいや、たーぼのおかげだにゃん」、「素早く湯切り出来た気がする」、「そうだにゃん」、「目が覚めてもりどるにまた逢えるかな」、「きっとあえるにゃん。ぼくはいつでもここにいるにゃん」
 そうしてREM睡眠からDeep睡眠へと移り、僕は瞬く間にりどるの姿を見失った。混沌とした時間が流れ、飛行機は巡行していた。ふと目の隙間から、飛行機の窓の外から、光る物体が見え、それがUFOかと思えどもアブダクションされることもなく、それは翼の横を通り過ぎて行った。
 イスタンブール空港からワルシャワ・フレデリック・ショパン空港へは2時間30分ほどで到着する。目を覚ますかのように機内アナウンスの声が流れた。僕はそれに耳をそばだてると、間もなく到着することが判明した。
2時間30分でも実際の多くの時間は寝ていたために、ほとんど時間経過の感覚がなかった。でも、不覚にも僕の陰茎は寝起きで大きく膨らみ、エヴァンジェリンの存在をすぐそばで感じたくていられなかった。ただ、それは本当のところ性的ではない。何かをエヴァンジェリンとともに感じたかった(図)。キスの先にあるともにの何かだった。

図 ともに1)

1) https://www.pinterest.jp/pin/724868502499117417/ (閲覧2021.6.2)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ