No.1912

題名:I still think about you
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1911の続きであることを、ここで前もってことわりたい。
 
 僕は永遠にクミちゃんのことを忘れるはずがない。繰り返し、繰り返し、繰り返して、何度も反芻する。そして、反芻することで記憶が固着する。
 記憶がタンスなら、クミちゃんという引き出しはすでに用意されている。そこに、たくさんのクミちゃんとの思い出が仕舞われていた。それと同時に、同じ時代に流れていたBabyface?も終われている。
 えっ、終い?。仕舞われているは、終われている。そんなもんなのか。
 それでも、Every Time I Close My Eyesはそこの引き出しの一番上に、残されている。それはパンツのように、巧妙に畳み込まれつつ、そこにちゃんと残されていた。そして終わらない愛は、Endless LoveのようにLuther Vandrossしていた。

 Lutherは、僕のアイドルだった。
 彼は、僕の永遠のアイドルだった。
 僕は、少なくとも、忘れないよ。忘れることができないよ。

 (覚えてるよね…、今でもわたしのこと)
 (もちろん)
 (クミちゃん..)
 (うん?)
 (今でも、大好きだよ)
 (うん、それも、分かってる)

 僕は、永遠に、それこそEndlessで、脳内でクミちゃんのことを忘れることができなかった。時代が変わっても、過去形ではなく、クミちゃんは”い”だった。忘れることができなかっ”た”ではなく、できな”い”だった。そしてその解をPeabo Brysonに求めた。僕の涙を止めることができるかな?
 僕は、恥ずかしいことに、”い”の今を思い出すと、ス―パーの「生しょうが入り手もみ若鶏もも竜田揚げ」を前にして、涙が止まらなかった。止まらなかった。それを、はたからみると、完全に変な人だろうな。でも、でも。そして、Brian McKnightのStillが、その僕の今を、すべてを代弁してくれた。

I still think about you
I still dream about you
I still want you and need you by my side
I’m still mad about you
All I ever wanted was you
You’re still the one

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ