No.1910

題名:ヒヨコからニワトリへと成長した。
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1909の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 伊香保温泉で妻を探してもその足取りは、結局は追えなかった。ただ、その後1週間ほどで妻はふらりと家に帰ってきた。「どこに行ってたの?」と聞いても特に返事はなかった。その時、妻は振り向くなり、開口一番こう言った。「ダリオくん、浮気してたでしょ、ワカモト・クミと」。何も言い返せなかった。(でも、浮気ではなかった、本気だったんだ)、と言い返そうとしても、言葉がのどに詰まっていた。僕は、決して浮気じゃない…。あれは、本気だったんだ…。
(あなたが悪いのよ)
(あなたが悪いのよ)
(疑惑による有罪、Guilty By Suspicion)
 すでに、会社はとうのむかしに僕を解雇し、首になった今の僕は無職だった。ついでに会社の人に確認すると、クミちゃんも僕の前から消えるように“なぜ“か退職していた。退色の無色で、僕は何色にも染まることなく、僕の頭の中も透明なくらいにブルーになっていた。何もかもがそこから消えていた。

 僕は本当に愛していたのだろうか? シズコのことを、クミちゃんのことを。その愛の痛みをも…。

 あれから1年。
 シズコはすでに僕の過去にあったことも、表面上は何も攻めなくなっていた。”くっくどぅーどるどぅ”も、ヒヨコからニワトリへと成長した。(よりによって、わたしも知っているワカモト・クミと、“なぜ“なのよ)。

ぼきゅは、くみしゃんを、ころしゅんだ。

「買い物にいってくるよ」
「いってらっしゃい」
 妻シズコに買い物を行くことを伝えて、僕は自転車に乗った。近所のスーパーは今日のチラシによれば、当店人気のお惣菜として、「生しょうが入り手もみ若鶏もも竜田揚げ」があるはずだ。同列に示されていた「サクッとジューシーな肉厚チキン」もよさそうだった。
 スーパーの近くまでくると、僕と同じように、前に買い物をするかのような自転車を漕いでいる人が見えた。肩から腰にかけての滑らかな曲線、そして、逆さのハートを思わせるようなサドルでのお尻。その姿勢に、僕はクミちゃんのことを夢想した。そして、あの伊香保温泉での濃密な三日間を思い出さずにいられなかった。
 ラブリーな雰囲気を醸し出している彼女は、スーパーの自転車置き場に自転車を置き、こちらを振り返った。「あっ、タケヒサさん」。ふとその人に、そう言われたような気がした、が、クミちゃん…実際はクミちゃんではなかった。似て非なる、他人の空似だったかもしれない。
 クミちゃんは今、どこにいるのだろうか…?
 不覚にももう一度、彼女の存在を、その肌を確かめたい想いにかられていた。

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ