No.1896

題名:伊香保していた
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1895の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 駅構内のトイレで、鏡の中の自分を見て、まるで浮浪者だ、一端出直す必要がある、と思えた。本来の僕は、比較的綺麗好きなはずだ。こんな格好をしていることに平気になった自分を、自分自身で驚愕した。それは何かが戻りつつある予兆だった。だから、もう一回、家で仕切り直すことも必要だった。そう感じた。
 家に戻ってから、僕は顔や体の一つ一つを確認した。かなり痩せてはいた。でも、目には生気が戻っている。僕には、シズコを探すという目標が見つかったからかもしれない。あるいは、シズコとクミちゃんとの接点かもしれない。いずれにせよ、今の僕は、幾分、まともになっている。
 風呂で体の汚れを落とし、髭をそり、再び自分の顔をチェックした。
(勤めていた頃よりも、むしろこれが本来の自分だ)
 あの当時の、ギラギラしていた自分に戻れていた気がした。
 あの当時?
 どの当時?
 詳しくはその時期が分からなくとも、僕は還っていた。
 嫌な顧客におべんちゃらを使うことなく、「すごいですね」、「さすが」という心の否定とは裏腹の言葉を投げかける必要もない。本来の居場所に還る世界。今の僕は、単純に、ごく単純に、妻シズコを探せばいいんだ。そう、安堵した。それは心からの肯定の言葉だった。
 一息ついて冷蔵庫から妻の「ザ・ブリュー」を取り出し、飲んだ。幾分、それも悪くはなかった。それでもいいかと思えた。
 「ザ・ブリュー」を飲んだ後、クリーニングされた真新しいスーツに着替えたものの、いややっぱりスーツでなくともいいだろう、もう会社勤めは首だろうし…、そう思い直して、普段着に着直した。
 上は黒のフリースに、下は少しだけ茶色のパンツ。パンツのサイドにはポケットがついているやつ。これが僕のお気に入りだった。いつも同じ服着ている…、とシズコにはよく言われた。だから、これに決めた、というか、これでいいや。そして、もう一度バックの中身をチェックした。下着、写真、チキンラーメン?、が入っていた。
(お湯をどこで調達するんだ。温泉のお湯か…)
と自分自身のチョイスに疑問を抱きながら、その中身はそのままに、ハイネケンも入れた。冷蔵庫にはなくとも、常温でも飲みやすいハイネケン。「ザ・ブリュー」もいいが、やっぱり僕にはこれでなきゃ。
 再び、地下鉄の駅に向かった。今度は誰も僕をじろじろと見たりはしない。僕は、その駅構内の乗客の中に、見事に溶け込んでいた。
 駅のプラットフォームで電車を待っていた。
「まもなく、5番線に電車が参ります」
 いつもの女性の声でアナウンスが聞こえた。スマホを確認すると、妻シズコへのメッセージは相変わらず既読にはなっていない。
 でも、いいんだ。それでいいんだ。僕の気持ちは、すでに伊香保していた。

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ