No.1853

題名:永遠に生き続ける
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1852の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 生ける屍。ゾンビ。ゾンバイオ。死霊のはらわた。ぼくちゃん・オブ・ザ・デッド。とにかく思いつく言葉を列挙してみた。けたけたけた…。夢や希望のないただの歩み。僕はその歩みに従って誤った順路、死の順路を歩いてきた。お前はもう死んでいる。そんな考え事をしながら歩いていると、気づいた時には、「こぶちゃんブランドとチーズ製造工場の秘密」と看板が掲げられている部屋の前に到着していた。扉の横にはガチャポンがあり、「こぶちゃんに飼料を与えてみよう」と書かれてある。手持ちにコインがなく、ツキオに尋ねた。

「ほらよ」

と気前よくコインを渡してくれた。もらった真新しいコインには、ハバド氏の顔が浮彫でデザインされていた。
 コインを投入し、ガチャポンすると、カプセルの死霊の文字が目に入った…。目をこすった。こすると、その字は、正しく飼料となった。だから、エサだ。説明には、「香料メランジのエキスを特別に混入させた飼料です。これでこぶちゃんは永遠に生き続けるのです。」と書かれてあった。エサだ。こぶちゃんのエサ…。

 薄暗い部屋の中に入ると、ほのかにあのこぶちゃんの匂いがした。でも、相当に時間が経っている臭いもする。加齢臭。そんな悪臭も漂っている。やっぱりこぶちゃんと違うのだろうか…。
 次第に部屋の明るさになれると、僕の目の前には僕がこぶちゃんのために開発した特別な、それでいて汎用性のあるラクダの宇宙服、こぶちゃんスペシャルを着ている動物が檻の中に見えた。やはりこの宇宙服にフィットする動物は、ラクダ以外にいないはず。ただ、その宇宙服は、相当にくたびれ、かなりの年月を感じた。
 僕はそっとその動物に近づき、ヘルメットの中の顔を見た。焦点が合っていない、年老いているのか、若いのか分からないラクダの顔がそこにあった。でも、見間違えることはない。年月が経っていたが、それはたぶんこぶちゃんに間違いなかった。
 手の平に飼料をのせ、ヘルメットの穴からラクダの口元に飼料を差し出した。もぐもぐと食べる。ンゴォォ…とか細く鳴く。そのラクダはこっちを見た。うつろな目元が、きらりと光った。

(ンゴォォ…。信吉…。信吉じゃないの…。あたいを愛してくれていた、あの信吉じゃないの…。ンゴォォ…)

鳴き声は弱っていた。でも、やっぱりそのラクダから発している声は、そして言霊は、ラクダ・マこぶちゃんからのものに間違いなかった。(やっぱり僕の愛したあのこぶちゃんだ…)。

ツキオ:「ほら、そこよ-みてみ。管が入っているやろ宇宙服の中に。そこから液体化した香料メランジがたえず流れているんや。そのおかげで、不思議なことにここに囚われてから200年以上、生きながらえている奇跡のラクダなんやで。通称こぶちゃんっていうんや。フランコ・ハバド氏がそう名付けたんやで。そんでな…、ここの管。ここからチーズが産生されとるんや。それがこぶちゃんブランドのチーズとなるんやで」

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ