No.1823

題名:すべてが欲望
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1822の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 ダン・ダオッコ博士は、仕事に対してはいつも厳格な対処で臨んでいた。今回のツキオの実験に対しても、自分なりの研究者としての勝算があると見込しての実施であった。ただ、思ったよりも新たな記憶装置のシンクロ率が異常なほど高くなり、それ自体は実験の偉大な成功でもあった。が、一歩間違えるとツキオくんは廃人になっていた。若干の変化を除いては…。
ダオッコ博士は、改めて記憶操作の難しさに痛感させられた。でも、何はともあれ、ツキオくんの記憶のキーが見つかったことには間違いない。
 白いドラゴン。
 それ自体が何を意味するのかは、ツキオくんの経験による。でも、このキーをもってすれば、そこまで至った経験の、記憶の多くの謎を、現在保存されているデータを介して開くことが出来る。ダオッコ博士は、密かに喜んでいた。刑罰に値しなかったのは幸いであったが、ここまで記憶のキーを引き出すことが出来たのは、研究者としての初めての経験でもあった。実験自体は、大成功とも言える。
 保存されたデータを、キー:白いドラゴン、として検索すると、驚くほど様々なデータが得られた。ツキオのキーコとの出逢いの感情から、その後の経過、そして、キーコの存在が失われた時まで、つぶさに観察することが出来た。ダオッコ博士は、その一部始終を、ツキオの経験の背後にある構造を取り出すことを目差し、了解可能で共有可能な構造を取り出すことに時間を費やした1)。
 他人の人生経験を覗くのは、悪くはない。むしろ、それが自らの、研究者としての、精神性を鼓舞する。
 そうして、他人の生活を、その他人の本当の姿を、本当の癖を知ることで、私とは違う、そのすべての世界を把握できたかのように思える。それは、いうなれば、私は、ツキオを制覇した。そうだ。私は、ツキオの女王様。そう思いつつ、データの解読の一挙一像に対して、ダオッコ博士は興奮を覚えた。
 すべてのSとMの世界は、肉体だけでは起こらない。そこに、見えない精神的な、互いの暗部を共有することで成り立つ世界。ダオッコ博士は、データ上でも限りないツキオの血を啜ることでその興奮を味わった。

(ツキオ。私は限りなくキーコを再現して見せるわ。そして、そこに、キーコの精神に、私自身のものも含めるのよ。ふふふっ)

(それは、キーコと私の融合。素敵でしょ、ツキオ)

(でもね。世の中、そんな聖人君子な人なんていないのよ。キーコさんもそう。私もそう)

(だから、あなたには本当のことを教えてあげる。世の中の皆は、すべてが厭らしいの。綺麗なんてものは、ない。その背後は、すべてが欲望なのよ)

1) http://jahp.wdc-jp.com/conf/31st/program/contents/pdf/HO04.pdf (閲覧2020.9.6)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ