No.1805

題名:ダオッコ博士に
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1804の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 キーコがこの世を去ってから、月の世界を去ってから、彼女はどこに行ったのか未だに分からなかった。月の世界のどこか遠くにまで闇の中、独りで足を運んで、そこで制服(宇宙服)を脱いだのかもしれない。そうだとすると、もはや生命の維持はできなくなる。そこでの肢体からは、やがて月の嵐に運ばれ、宇宙空間の遠くの、遠くにまで運ばれているとすれば、もはや捜索は不可能に近い。
 でも、キーコは見つからないままであっても、僕の中の記憶はどんどんとキーコの事を掘り下げるように、キーコの仕草や愛おしさが蘇っていた。単純な、その時は気にはしていなかったかすかなことも、今となってはまざまざと思い浮かべられる。Moon Townにあるわずかばかりの樹の中を歩いた時の手のぬくもりや、月の砂の海の中、二人で過ごした時間。そうして、僕たちが運命的に結ばれたきっかけ。今思えば、記憶というよりも頭の中に今でも僕の中のキーコが生きているかのように、僕は、そのイメージを、何度も反芻できた。
 僕は色々なことを覚えている。忘れてはいない。
 それは、キーコへの想い。きっとそうだ。

 Moon Town宇宙科学研究所に着いた。受付に、ダン・ダオッコ博士とアポイントメントをとってあることを伝えた。

受付係:「少々、お待ちくださいね」

 受付係の人は、とても丁寧に優しく僕にそのことを伝えると、インタフォン越しからダオッコ博士に連絡をし、話をしていた。しばらくすると、

受付係:「もうしばらくお待ちくださいね。もし、よければそちらのソファーにお掛けしてお待ちして頂ければと思います。よろしくお願いしますね」

 そうして数分間待っていると、ダオッコ博士が現れた。白衣がさらに白く光って輝いていた。相変わらずとてもきれいな人だった。

ダオッコ博士:「お久しぶりですね。ツキオさん。お元気そうね。ところで、どういう要件ですか?」

ツキオ:「僕の恋人のキーコの件でちょっと複雑な相談があり、ここに来ました」

ダオッコ博士:「それじゃぁ、わたくしの研究室で詳しくお話を聞くことにしましょうか。それでいい?」

ツキオ:「よろしくお願いします」

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ