No.1781

題名:こぶちゃんブランド
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1780の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 事細かに話したものの、その真っ黒な宇宙服を着た人はあまりピンとは来ていない様子がうかがわれた。最初は、話よりもケーキに夢中なのかとばかり思っていたが、どうやらそうではなかった。

真っ黒な宇宙服を着た人:「で、君の着陸船には冷蔵機能はない、とそういうことかね」
僕:「はい。この船に冷蔵機能があるのを見て、少し驚いています。」
「ふむ。すでにここ何年かは宇宙船に冷蔵機能があるのはもはや標準装備。もしこれがなければ、相当の旧式だとみるが、君の着陸船は、何年製かね」
「今年です」
「今年?」
「そうです…」
「ふむぅ…」

 そうして、その人は悩んでいた。悩みながら、いつの間にかテーブルの上のケーキをすっかり平らげていた。テーブルにかちかっちとスプーンがあたる音がした。それを確認して、その人はテーブル横のボタンを押した。すると、別のケーキがテーブルの上に出てきた。

「まっ、まっ、こっちも食べてみたまえ」
「はい」

 こっちはチーズケーキっぽい感じがした。ただ、普段食べているチーズっぽさと違うチーズ味がする。そこで、その人に尋ねてみると、

「これか…、これラクダのチーズや。ほらっ、君がさっき埋めたラクダのチーズ。これ、こぶちゃんブランドのチーズやで」

「えっ?」
「君は、やっぱり気がつかなんだか。Moon Town計画は、すでに200年以上も前の計画や。確か、そん時の創設者が、ナーシなんとかちゅう人やったかもしれんが、いまはもうちゃうで」

「えっ?」
「しっかし、奇妙な話やな。あのこぶちゃんを埋めたのがあんただとは…」

「えっ?」

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ