No.1775

題名:その感性には管制塔は応答しない。
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1774の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 父が目覚めたのは、会社の事業を大きく拡大させたのは、僕が生まれたからだったのかもしれない。僕を抱いて会社に戻ってからの父の手腕は、今でも伝説になっている。方や、僕が目覚めた10歳の春は、やっぱりこぶちゃんの存在しか思いつかない。父に連れられ、船室内にいたラクダは、その小さくてもその黄金色に輝いているこぶは、ひとこぶであっても、ふたこぶにみえるほど眩しかった。その時の体中からもほとばしるほどの毛並みも、はっきりと目に焼き付いている。同時に、僕という存在を認めた時のこぶちゃんの鳴き声、

こぶちゃん:「ンゴォォォォォォオオオオオオオオオーーッ!」

は、こぶちゃんと僕との出逢い、その後の人生を運命づけていたのだろう。その神秘なる啓示は、僕にCreaterとしての役割をも与えてくれた。

そのこぶちゃんが死んだのだった…。

月の土に埋め、その盛り上がっている個所を、旗があるその個所を、着陸船の中からずっと眺めていた。その旗の先には、青い色をした球体、地球がぷっかりと浮かんでいた。

僕:「管制塔、応答せよ。こぶちゃんが、流星にあたり、ンゴォォォォォォオオオオオオオオオーーッ!、ンゴォォォォォォオオオオオオオオオーーッ!と鳴いていた声が耳にこだましています。こぶちゃんの鳴き声が、耳にこだましているのです。管制塔、応答せよ。応答してください」

何度も交信を試みても、あたりは、いつまでもシーンとしたままだった。通信機のスピーカーからは何の音も漏れてはこなかった。その状態は、交信しても、地球からのメッセージが届かない状態ではない。やっぱり、これは時間的な遅延とは異なるようだった。

誰も、応答していない。応答しない、のだ。

Createなき後、その感性には管制塔は応答しない。

いまや、それが、はっきりと分かった。

Createなき後、その感性には誰も応答しない、のだ。

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ