No.1759

題名:「「げんしょう:こいのさんかくはまるくはならない」」
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1758の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 せんちょうのなみだは、ぼくちゃんのこころにもひびいた。そのひびきは、はーとびーとし、どくんどくん、どくんどくん、となみうった。きがつくと、だい3ばんめのつきがかがやくみずべにもなみがみちあふれ、せんちょうのスジちゃんへのあいが、みす・Sのほしにこおうしているかのようだった。
 そのときだった。もりのおくからスジさまがあらわれた(ず1)。そのようすから、スジさまは、じゃっかんおこっているのか、はたまた、あきれているのか、そんなかんじでとうじょうしていただけた。とうじょうしていただけたのだ。

ず11)

せんちょう:「スジちゃん、いやスジさま。まことにもうしわけありませんでした。このぼくちゃん…っときたら、わたくしのきょうーいくがいきとといておらず、ほんとに、ほんとにすみませんでした。ほらっ、ぼくちゃん、あやまりなさい、スジさまに」
ぼくちゃん:「すみませんでした」
スジさま:「まっ、それはいいってことよ。でもさー、これって、ここって、すとーりーになってるの、どうなのかしらねー、せんちょう…♡」。
せんちょう、ぼくちゃん:「「はーとまーくきたでー。きたったでー」」

 せんちょうとぼくちゃんは、そのはーとまーくにきをよくして、もういちまいあっぷした(ず2)。かわゆい…。そのとき、ふとよこをみると、もりをあんないしてくれたうつくしいひとが、ぷっっとほっぺをふくらまし、じゃっかんきをわるくしているようにみえた。「「げんしょう:こいのさんかくはまるくはならない」」

ず22)

 エミリアにぞっこんになっていたぼくは、エミリアにぼくのきもちをしょうじきにはなした。「きみのえがおは、いつもぼくをしあわせにするよ」。エミリアもそのことばに、まんざらわるいきはしていなかった。むしろにほんにもきょうみがあったようで、「きっぺいくん。こんど、にほんのあにめおしえてくれる?」とうれしそうにほほえんでくれた。

1) https://www.pinterest.jp/pin/734157176741916205/ (閲覧2020.6.30)
2) https://www.pinterest.jp/pin/567805465517182371/ (閲覧2020.6.30)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ