No.1751

題名:もりのひろばで
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1750の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 そのうつくしいひとのあとをつけてもりのなかへはいると、ひろばのようなすこしひらけたくうかんがみえた。そこにはおおくのひとがたむろっていた。そして、そこでは、みんななにかをいってんをぎょうししているかのようにみえた。
 それでもってぼくらの、ぼくちゃんとせんちょうのいせかいからのそんざいもきにしないかのように、いっしんふらんにひろばのちゅうおうあたりをみつめていたのだ。きになって、ぼくちゃんとせんちょうはそこで、こそっとそこをのぞいてみた。
 すると、そこにはかみさまがいた。かみさまがいたーーー。
 いえすきりすと? じーざす・くらいすと。かみさまやん。このひと。そんなふうぼうの、すげーひとがいたのだった。
 そして、もりのなかをあんないしてくれているうつくしいそのひとはこういった。「そのなをあなたにきざみたもう。わたしのめいで、きざんでほしい。かれのなは、エスタス・トンネ。エスタス・トンネさんです」と。

ず エスタス・トンネさん1)

 「The Song of the Golden Dragon」。やくせば、おうごんのどらごんのうた。めちゃんこ、かっちょえーーー。おうごんのどらごんのうた。

「真田さん。検査終わりましたよ」
 あたまのけんさちゅうふかいもりのなかにはいっていたようで、どんどんときこえていたそのおとが、じーざすが、すこしおさまったようなきもした。なれたのかもしれない。みると、かんごしさんがけんさしつのおもてでまっていた。
「じゃぁ、真田さん。病棟に戻りますね」
 くるまいすにのせられて、ぼくはもとのびょうとうへとつれていかれた。いまのけんさでなにがわかったのだろうか…。そのじつがわからないままに、へやにもどってきた。
「真田さん。お疲れさまでした…」

1) https://tesuena.net/estas-tonne-el-sexy-artista-callejero-que-reune-a-miles-de-personas-cada-vez-que-toca-en-la-calle/ (閲覧2020.6.26)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ