No.1745

題名:えりざべーと=るいーず・ヴぃじぇ・るぶらんのこきょう
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1744の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 すいみんかぷせるのなかでも、ゆめをみつづけた。つかれてねむっているのにもかかわらず、どんどんとかこをおもいだしてきている。どんどこどこどこ、どんどこどこどこ。まるで、つうしょうあまぞんがわのたいがんからきこえてくる、そのおとにあわせるかのように。
 ぼくは、にほんにいたじだいにいんさつがいしゃにつとめ、いんさつぶにはいぞくされていた。ケイコさんはでざいんぶ。そうして、しゃないののみかい。ケイコさんとのであい。ほてる。びじゅつかん。きす。そのあとは、どうやらケイコさんとどうせいしているみたいだった。いつもケイコさんのちょうしょくごに、ふたりかいしゃにでむき、はなれるのがおしいくらいに、しごとおわりもふたりいっしょ、だった。そんないめーじがつぎつぎとうかんできていた。
かみさまは、ひとつのたましいをぶんかつして、ふたつにした。そのふたつがであうことで、きょうめいする。それが、ぼくとケイコさんだったとしたら、ぼくたちのたましいは、ぜんせいからのひとつであったにちがいない。ほんとうのいみでないところのべたーはーふ、そして、それは「そうか、人は完全な姿を取り戻すために恋をする。自分探しというか、もう半分の自分をずっと探し求める。それが愛なんだ」1)ということ。それをじっかんしていた。ぼくのはんぶんがケイコさんで、ケイコさんのはんぶんがぼく、だった。
 ふたりですごすじかんはとくべつだった。それは、ひるも、よるもだ。ぼくたちは、もうはなれられない、はなれてはいけないうんめい。ケイコさんもそうかんじていた。

「ねぇ、キッペイくん。よーろっぱのどこいこうか? いたりー、ふらんす、それともすぺいん?」
「いたりーがいいかな。いや、いまふたりで、あたまにえをえがいてみようか?」
「うん」
「せーの」
「「えりざべーと=るいーず・ヴぃじぇ・るぶらん」」
「えへっ、やっぱおんなじだ」

 そうして、ぼくたちは、えりざべーと=るいーず・ヴぃじぇ・るぶらんのこきょう、ふらんすにいくけいかくをたてた」

 ふらんすにいき、えっふぇるとうのまえで、ケイコさんをふぉとした。ゆめのなかでしゃしんをうらがえすと、「フランスにて、慶子さんと」とかかれてあった。それは、すんだそら、ぴゅあだった、あのときの…。

ず ふらんすにて1)

1) https://www.pinterest.jp/pin/647181408930171755/ (閲覧2020.6.25)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ