No.1736

題名:ふしぎなこともあるもんだにゃん
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1735の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 ぱっとみて、なんだかわかったふりをする。「あっ、あれね…、あれのことね…」。いや、わかっておらんがなじつは。さっぱりやで、あたまんなか、さっぱりやで。そうして、えへん、とさもえらそうにせきをする。そのときは、りゅうかくさんのとうじょうだ。

「竜嘉久さん。じっさいのところどうなのでしょうか。その、まーその、おっちゃんどは。ぼくちゃんのおっちゃんどは?」
「うーん、そうだね。なかなかきびしんでにゃいの」
「きびしいともうしますと」
「ちょっくら、のぞいてみるにゃん」
「らじゃー」

 そうして、しゅじいの「竜嘉久さん」とともに、みす・Sのほしの、つうしょうあまぞんがわのたいがんをのぞいてみた(ず)。

ず のぞいてみた1)

「うーん、けんさのうえではにゃんでもないよーだけんど。どうかな、ぼくちゃんとしては」
「そうですねー。なかなかのもんじゃないでしょうか」
「なかなかのもんにゃのか…。どう、ぼくちゃん、もっかいけんさしてみるにゃん?」
「よろしくおねがいします」

 そうして、しゅじいの「竜嘉久さん」のもとで、さいけんさしてみた。どうやらあまぞんがわのひろさは、はんぱないようで、なかなかそのたいがんのようすがわからなかった。しゅじいの「竜嘉久さん」もこまっていた。

「くんくん…。じゃっかんにおいがするにゃん。でも、けんさではでないにゃん。ふしぎなこともあるもんだにゃん」

 めいいといわれている「竜嘉久さん」もかなりこまっていた。
 どんどこどこどこ、どんどこどこどこ。ふたたび、そういうおとがきこえた。

1) https://www.pinterest.jp/pin/685250899534630459/ (閲覧2020.6.18)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ