No.1728

題名:ひかりのスジ
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1727の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 えにしろ、おんがくにしろ、どれもこれもがあーと、げいじゅつとしてくくられる。でも、そのこんげんてきな、ひとにとってこんげんてきな、えやおんがくは、いっぱひとからげ、ひとくくりにされ、こじんのしゅこうがおおいにはんえいされる。あるひとにとっては、べすとでも、あるひとにとっては、それがわーすとなどだ。そうじゃない。そうじゃない、とおもいつつも、けっきょくは、そのしゅこうにながされる。いつのじだいでも、まいのりてぃーは、おうどうではなく、そくどうにいちしている。
 100にんにひとり、いや1000にんにひとり、いや10000にんにひとり。じぶんのせかいをあいしてくれてるのだろうか。それが、そのぎもんをかいけつしてくれたのが、ジェシカだった。こころのそこから、ぼくのえをあいしてくれた。そうかんじられた。そのジェシカといっしょにいられる。あんしんでもあり、ほんとうにこのさいのうでいいのかというおもいもあった。でも、

「きっぺいのさいのうは、あたしがよくしってる。それは、だれよりもよくしってる。あたしは、あなたのえがとてもだいすきよ」

 いつもそういってくれた。だから、けっこんしてから、しごとでふぉとがいそがしくても、ときおりがざいをだしてえをえがくひびがつづいた。もでるはもちろんジェシカだった(ず)。

ず そうぞうず1)

 がたがたとして、ふねは、もがいていた。えんじんをかけ、だっしゅつをこころみようとしたも、びんぼうゆすりがきょうじて、どうしてもがたがたしている。でも、とめられない、そのよくぼーは、しぜんに、がたがたがたとうごきはじめる。あしのせいだ。こころのせいではない。あしがかってにうごく。
 もうすぐみす・Sのほしのうみのうえ、かいじょうにとうたつしようとしている。ひかりも、おおくなってきた。そのとき、あいちゃん(うちゅうせんのえーあい、じんこーちのー)は、こういった。

あいちゃん:「わたしのこと、みすてちゃうの。いかないで…。」

 てんじょうのせつぞくぶをみると、ふたたび、えきたいがながれているようにみえた。でも、それはかれいえきではなかった。うつくしいなみだ。そうおもったとき、そこにひかりのスジがみえた。

1) https://www.kaifineart.com/vicenteromeroredondo (閲覧2020.6.12)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ