No.1727

題名:あい・どぅ・りんぐ
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1726の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 ほーらんどのジェシカがつとめるざっししゃのちかくにあるちいさなきょうかいで、ぼくたちはけっこんしきをあげた。ささやかなけっこんしきであった。ジェシカのしんぞくとざっししゃのすうにん、そして、ぼくのふぉとなかまだけ。ごくしょうにんずうでのけっこんしきであった。
 いま、ぼくは、ここにいる。でも、ぼくは、はたちちょいぐらいでいたりーにわたり、エミリアとのひびをすごした。そして、ほーらんどにわたった。
 そのまえはにほんでかいしゃづとめはしていたものの、もともとにほんにも、かぞくにもみれんがなかった。はやくにははをうしない、のんだくれのちちのもとでそだったため、もうこのせかいからにげたい、そのいっしんであった。
 でも、かいしゃはそれにはこたえてはくれなかった。むしろ、しばられ、げんじつにまいぼつするひびにうんざりしていた。きゅうにおもいたっていたりーにとんだのも、そこからにげるためでもあった。いや、とびたつためであった。そのはばたくはねが、どこかでみつかったからだ。
 とびたったぼくは、もうもとにもどることはかんがえていない。それだけではなく、ぼくには、ジェシカというさいあいのひとが、ここにそんざいしていた(ず)。

ず ちかい1)

「なんじ、すこやかなるときも、やめるときも、よろこびのときも、かなしみのときも、とめるときも、まずしいときも、これをあいし、うやまい、なぐさめあい、ともにたすけあい、そのいのちあるかぎりまごころをつくすことをちかいますか?」2)

 「あい・どぅ」。もちろんだ。ジェシカもおなじだった。そして、「りんぐ」をかわした。しあわせだった。このうえなく、しあわせだった。ジェシカとであえてよかった。とくに、かみをしんじていないぼくでも、このときばかりはいのった。

 スジちゃんのいんすたぐらむにねっちゅーしているせんちょうをしりめに、ぼくちゃんはふねのそうじゅうしつにすわり、ろくに、あい・どぅ・りんぐもせずに、えんじんをふかした。とにかくだっしゅつだ。
 ぴきっ、ぴきっっとおとはする。
 でも、ふねはもちこたえているようだった。
「せんちょう、しゅっぱつしまーすっ」
「むふふ、スジちゃんの、えーぞーかわいー、のー」

1) https://www.pinterest.jp/pin/524669425332202941/ (閲覧2020.6.11)
2) https://uranaru.jp/topic/1006747 (閲覧2020.6.11)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ