No.1711

題名:じ(ゅ)んせいをもふりかえる
報告者:ダレナン

本 報告書は、基本的にNo.1710の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 あのかたにあうために、だいじょぶだ~と、うちゅうせんをそうじゅうしていたが、いがいにもみす・えめらるどのほしにたどりつき、はつねつが37.5どだったことから、おっちゃんせいへときょうせんそうかんさせられた。にゅうほしができなかった。あー、みす・えめらるど…、あなたはいま、どこで、なにしてるのかしら…、というおとめのいのり。
 そうしてきむちをたべながら、いつしか、かとちゃんのおもいでにであえた。いえいであったも、かとちゃんはせいしゅん。ぺっ、かとちゃんぺっ。それが、じ(ゅ)んせいさ…。
 どこにあるのか、ずー。それをさがすかのように、ちゅーちゅーと、せんないでねずみがないていた。そうして、ぎんがてつどうのよるはふけ、ふねは、うちゅうせんは、とれいんのように、ちゅーちゅーしていた。
 じ(ゅ)んせいって、あかとあおのじょうねつとのあいだ。あおいはどこにいったのか?
 ごーんごーんとかねがなり、ふぃれんつぇのよるはふけていく。それとどうじに、かがみをみる。ぎゃく・うらしまこうかで、ぼくちゃんのかおもふけてゆく。
ゆうぐれのあきはちかい。あー、あおいはいずこに…。あおい、それはぶるー。
 あかん。だんだんとぶんしょうが、むずかしゅーなっとる。これ、わからんで。だれも、わからへんでー。

 そこでじゃ、こういうていあんはどうじゃな…。

 またひとりにかえったとかぜのたよりにきく。するとな、わすれかけたおもいが、むねでざわめくっちゅうわけ。そうするとな、きっとこうおもうねん。てばなしたこいを、くやむ。
 でもな、でもな、でもなー、やがては、さよならできるんや。それがほんとうのさよならやー。
 そこで、じゃ、これみてみー、これみてみー。ずー。

 しゃにかかったずーで、うしろをふりかえる。ふりかえりびじん、ちゅうわけじゃな。そうやろ。どうや、ずーのもとねたしりとーなったやろ。しりとーなったやろ。よっっしゃ、おしえたるわい。

ずー ようつべから1)

 ここ、ここやで。みてみ。よーみてみ。じ(ゅ)んせいをもふりかえる、おっちゃんがいっぱいおるでー。

1) https://www.youtube.com/watch?v=sSXow2b_o28 (閲覧2020.6.4)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ