No.1708

題名:37.2どで、ひゃす
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1707の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 わーぷそうこうすると、ほしかんのじゅうりょくばによって、わかがえったり、としおいたりする。おうおうにして、じゅうりょくのつよいほしから、じゅうりょくのよわいほしにむかうと、わかがえることがおおい。こんかいのわーぷそうこうは、まさにそうだった。せんちょうも、ぼくちゃんも、ふねにのってうちゅうへたびだった、あのとうじのすがたにもどっていた。

「ずいぶんとわかがえりました。おっちゃんせいでのかれいしゅうにはたまらないものがありましたが、ここではそうげんのかおり、そして、そよぐかぜ。おっちゃんせいのじゅうりょくがいかにすごいものだったか、そのかれいしゅうのえいきょうたるものは、いかにすごかったか。わかりました。もう、にどと、あのおっちゃんせいにはいかないよう、ちゅういしないといけないですね」
「らじゃー」

 そのとき、とおくから、このほしのじゅうにんのようなひとがきた。
「あーきみたち。かってににゅうほししてはこまるよ。どこからきたんだね、いったいぜんたい」
「おっちゃんせいです」
「おっちゃんせい…。あのきょうれつなかれいしゅうのただようほし、おっちゃんせいかね」
「そうです」
「じゃー、こっちにきたまえ」

 そうして、つれていかれたのは、ほけんしつであった。
「さっ、ねつをはかってもらおうか。にゅうほしするには、ねつをはかってもらわねば。37.5どいじょうのはつねつが4かいじょうつづくのであれば、にゅうほしはおことわりする」

 ねつをはかった。せんちょうは、36.6ど、ぼくちゃんはわーぷのえいきょうもあったのであろうか、37.2どであった。

「37.2ど…、ということは。ぎりぎりだなー。ちょっとひゃしてもらいまひょ(ず)」

ず ひゃす1)

 このくだりでわかるひと。そう、あなたは、きっと、べてぃ・ぶるーなはずだ。

1) https://www.pinterest.jp/pin/215821007122647213/ (閲覧2020.6.3)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ