No.1697

題名:ひだりむくひと
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1696の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 せんないのそうこをしらべると、わずかばかりのしんぴんのだっしゅうゆにっとがみつかった。ただ、うちゅうこうこうしてからずいぶんとわーぷをくりかえして、いたためか、おもったよりもそのゆにっとがいたんでいた。せつめいしょをみると、「3かいほどのわーぷにて、ほんだっしゅうゆにっとはしょうみきげんをむかえます。そのごのごしようは、おやくさまのせきにんとなります。{だっしゅうゆにっとせいぞうかぶしきがいしゃ、だっしゅーむら}」、とかいてあった。ときお?
 よくよくかんがえてみれば、おっちゃんせいにつくまでに、3かいほどわーぷしたきおくがある。つまりはこうだ。これらのだっしゅうゆにっとは、すでにしょうみきげんがきれている。しょー・みー、しょー・みーだ。そのすがたをみせれば、いちころだ。
 しょー・みーにはさまざまなものがあった1)。どれにするか、ずいぶんとなやんだ。なんてったって、かれいしゅうがだしゅうできるか、どうかがかかっているからだ。そこで、これをちょいすした。というか、とりあえずしらないものをきいてみた。
 これもちがう、あれもちがう。いやー、これどうかな。
 やっぱ、やーめた。むねのおくのすべてがひらいたからだ。そして、ふかくふかく、あなたをみつめていたとしても、わかりあえるふたつのこころは、もっともっとあなたをしりたい、というよくぼーが、かぎりなくあふれてしまうからだ。それが、しょー・みーのせかい。
 そして、だから、たとえ、それがs o r a (@shimizu_sora)2)さんだというめいがあっても、としても、そこに、うたがってしまうじぶんがいるのだ。ひだりむくあなたをみつめると…、「これって、アンジェリーナ姫…?」(ず)、ってなぐあいに、よくぼーがあふれてしまう。そう、いったんひょうめんちょうりょくをこえたじてんでのみずは、あふれにあふれ、じゃじゃもれとなってしまうのだ。
 おっちゃん、じゃじゃもれやでー。いっつも、じゃじゃもれなんやでー。って、なんや、ぼくちゃんもじゃじゃもれやないかい。

ず ひだりむくひと2)

 してきされた。おっちゃんせいのしねんでもって、かれいしゅうにまさるともおとらぬ、ほうこうがした。どのほうこうだ。あのほうこうにちがいない。なんかにおう…。
 「はい、ここで、ひだりみて、みてねー」
 「はい、みます。むえっちゃ、みとりやす」
 「そこに、なにがある、とおもう?」

1) https://www.youtube.com/results?search_query=show+me (閲覧2020.5.30)
2) https://www.wattpad.com/user/shimizu_sora (閲覧2020.5.30)
3) https://www.pinterest.jp/pin/814096070132665752/ (閲覧2020.5.30)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ