No.1694

題名:じゃじゃうま、あべんたどーるちゃん
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1693の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 ちかごろなにかときになるのが、すぺっくである。つまりはこうだ。やっぱぱそこんは、しょりそくどのはえーやつがええな。いまのは、いまので、まんぞくしちょるけんども、やっぱ、すぺっくみるとひかれるでな、おい。でもな、あんまたけーのはむようや。どうがへんしゅうも、がぞうへんしゅうも、てきとーになってきたけん。ほとんどがもはやうぇぶじょうでなんとかやろうとおもえば、できるんや。いまのじだい。なんならくろ-むおーえすでも、ええは。くろーむぶっくもなにげにほしいいでー。すぺっくだけやないみりょくがあるねん。そこには。だからな、はーどだけのしようには、けっして、ひかれてはおらん。でもな、でもな、ときおりこうおもうねん。でけーくるま。すげー、でっか。でっかいでー、のっとるこのちと(だんし)も(たぶん)。いやー、ええすぺっくやがな、すっげーな、このちと(じょし)も(たぶん)。ってなぐあいにな、ひともぱっとみのすぺっくでみてまうねん。ほらっ、みてみ、あのひとでかいでー。めっちゃ。でかいでー。もちろん、まちがえたらあかん、ここでまちがえたらあかんでー。それは、しんちょうのはなしや。だからなここは、しんちょうにいくねん。けっして、あれやないでー、みなさん、かんちがいせんどいてーなー。
 そうはいいつつも、いっつもきにせんようにしとっても、すぺっくにおどらされるねん。いまの、いまに、まんぞくしてても、きっとこのすぺっくをまとうことで、はいあべれーじなひとになれるはずってな。つまりはな、ちゅうのじょうや。ちゅうのじょう。じょうでなくても、たちあがりたくなる、それは、すげーすぺっくをまとったひとになった、おっちゃんのはかないゆめっちゅうもんや。きっと、いろんないみですぺっくがたかければ、うはうはやで。
 ほら、みてみ。これな、らんぼるぎーにのあべんたどーるちゅうねん。いってみれば、あべんたどーるちゃんや(ず)。そのがいかんのすっとしたぐらまらすさもさることながら、なかみがすごいねん。そのしんぞう、6.5L V12えんじんやで。「なんや、あたしにはようわからん」やと。よっしゃ、おしえたるわい。ようわな、ちょっとぷっとふかすと、どかーんとくんねん。すごいでー、そりゃ。でも、あっぷっとして、どっかーんとくるんやからな、こんとろーるがむずかしいでー。ちょっとやそっとのはんどるそうさしたかて、そりゃーかんたんになびかん。つまりはな、さいこーのすぴーどをのりこなすためには、さいこーのてくにっくがひつよう、ちゅうこっちゃ。わかるか。これっ、いってみれば、あべんたどーるちゃんのとくちょーや。これをうまいことこんとろーるできれば、そりゃーじぶんのすぺっくもあがっとる、ちゅうこっちゃ。あべんたどーるちゃん、かわいいもんやでー。けっしてじゃじゃうまやないでー。

ず あべんたどーるちゃん1)

1) https://www.pinterest.jp/pin/616922848944762900/ (閲覧2020.5.26)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ