No.1683

題名:らくとん、そのすぃ~としゅう
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1682の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 つづいているか、つづいていないか、はっきりしないすとーりーで、ここで、みょうにうちゅうもんとしてつづいていた。
 あべーの、でもがまんできなかった、そのかれいしゅうは、これでじょきょでけた。そのなも「DEOCO.」。でおこ.るでしかし、ではなく、たぶん、ぴりおどがあるところがせいしんとしてのとくちょうなのだろうか。ふと、みると、「本来は女性の「加齢臭」ケアを目的に開発された商品ですが、「男性でも女の子の香りをまとえる」とネット上で反響」1)とある。ここ2)もみた。たぶん、おおもとのじっけんはここ3)だろう。だから、おっちゃんせいが、じょしこうせい、へとなったのか? かれいしゅうのぴりおどなのか? それは、こんごのこのほしでのぼうけんであきらかになるかもしれないし、ならないかもしれない。
 いやー、ならへんで。もともと、すとーりーをつづけるきなど、これっぽっちもねーからのー。ただの、じこまん。じこまんなすとーりーには、しょうひんかちのせいしんなどありゃせん。でも、どーなんやろ、よのなかのしょうせつか、きゃくほんかのかたがたは、そこのところ、どーなんやろー。けっきょくは、じこまんじゃねーと、えーすとーりーかけへんのとちゃうか。ちゃうか?
 そのところのひみつをかいけつするほうほうは、やはりらくとんにあるのかもしれない。すぃ~としゅう、とよばれる、そのらくとんC10とC11は、ねんれいをかさねるとともにすぃ~と→すいーつ→すいとーる→すいとらん→うへ~、まじやっべ、すきになれへん、となるかていにおいて、いつでも、すぃ~と、とするためには、らくとんがええみたいなんや。らくとんをまとうことが、いりゅーじょんになるんやでー。そうかいてあるでー、ここ3)になー、おっちゃんのちょうさによるとなー。
 せんちょう。もはやおっちゃんせいでのかれいしゅうが、いりゅーじょんになりました。
 そうや、そうやでー、いりゅーじょんやでー。
そうして、せんちょうのほうをみると、せんちょうも、おっちゃんになっておった。なっておったでー。
 せんちょう。どないしたんですか?
 いやー、やられたがなー。かれいしゅうに、おっちゃんせいのかれいしゅうに…。みごとに、おっちゃんになってしもうたでー。やっぱ、こんなますくじゃねーとあかんかったのかー(ず)。

ず にゅーあべーの5)

1) https://media.moneyforward.com/articles/3135 (閲覧2020.5.19)
2) https://news.1242.com/article/180628 (閲覧2020.5.19)
3) http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2019/05/post-bdca48.html (閲覧2020.5.19)
4) https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0471373_03.pdf (閲覧2020.5.19)
5) https://www.pinterest.jp/pin/461196818070301925/ (閲覧2020.5.19)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ