No.1669

題名:よのなかはいっぺんする。おぺんだんととともに。
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1668の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 びみょうに、ごくびみょうにへんかする。それが、ならわしだ。あぷりのあぷっぷでーとも、あれっ、きょうはおおいなー、あっぷでーと。あっぷでーでーっと、あっぷっぷ、なかんじで、おおいでな。すると、どうだろうか。あらたにあっぷでーとしたそのあぷりは、どこがかわったの? ないぶ? それとも、がいぶ? ってなわけでくる。そうして、ばあいによっては、めっちゃ、かわってる。そのとき、いっしゅん、こうおもう。
 まえのほうがよかったやんと。
 しかし、よのなかのながれはとまらない。それが、かいぜんであれ、かいあくであれ、やがて、さきのことはうしなわれてしまう。ろすと・めもりーか、はたまた、ろすと・わーるどか。それにきづかない。なぜなら、そのあっぷでーとは、わかないことだらけだからだ。とくに、ないぶにかんしては。
 ないぶやでー、それも、ないめんやでー、ないめんからかわらなあかんでー。もう、もとのせかいには、もどれはできへんのやー。
 ゆえに、ろすと・わーるど。
 でもな、みんな、もどろーとする。もどらんで、ええがなー、せかいがかわったんや、なんでもどろうとして、こころの、あっぷでーとができへんのや。そうやろ、もう、かわったんや、せかいはな。よのなかはな。いっぺんしたんや。いっぺんしたろかー。そううったえる、ちいいさな、ちいいさなそんざい。でも、そのちいいさな、そんざいが、よのなかをおびやかす。そう、いまは、かわってしもたんやでー。ええか、このよのなかは、かわってしもたんやでー。いままでどおりで、もどうそうとすれば、ひずみがうまれるねん。それが、じしんとおなじや。じしんなくして、じしんうむ。そうやろ、ぐらぐらとゆれんねん。あしもとが。
 ふと、きづいた。まえととながっておるでー。まえのぶんと、ここ、つながっておるでー。ここ、じゅうようやでー。てすとにでるでー。

 てすと:ずのあしもとをごらんください。かがやいているものがあるはずです…。

 こたえ:って、これ、あしもとじゃねー。

 そう、おもったあなた。せいかいです。

 もちろん、ここにあるのは、おぺんだんと、のがぞうです。
 おぺんだんと、のがぞうなのです。
 がぞうが、じゃっかん、とぼけていますが、おぺんだんと、なのです。

ず おぺんだんと(いちぶ2)でかこう)1)

1) https://www.pinterest.jp/pin/677580706424297286/ (閲覧2020.5.12)
2) https://www.fotor.com/jp/ (閲覧2020.5.12)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ