No.1668

題名:えんまさまのあいはかげろう
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1667の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 そうやで。もっとあしもとをよーみなあかん。せやないと、しだいに、ぐらつくで。あしもとがかんじんなんや。ほれっ、あしもとを、よく、みて、みーへんか(ず)。せやないと、えんまさまにおこられるで。このずはな、えんま・らーせんさんのや。ほら、1)、からたどること、やがて、2)、にいきつくやろ。そこで、これがえんまさまのしわざや、ちゅうことが、はっきりわかるやろ。どや、わかたっかー。
「すぃーやせん」
 すぃーわせにゃと。ちゃうで、そのあやまりかたは、すいやせんやない。えんま。えんま・らーせんさんのおなーりや。だからゆうたやろ、あしもとをよくみろ、それがとーだいもとくらしちゅうねんて。わかたっかー。
「ちゅうねんて、どーにもならんわ。なんちゅうねん」
そや。ええかんじに、あしもとをみれるようになっとるやないか。それがだいじなんや。としかさねても、そこがだいじなんやで。

ず えんまさまの1)

 それでな、こんどは、あしもとばっーかし、みとると、きーつかんで、わすれてしもーとるもんがあるんやで。わかるか。それが、かげ。かげろーや。かげろーちゅうもんなんやで。
「ってか、それっ、はな?」
 ちゃう。ちゃうで。だから、もっとあしもとをみつめなあかんて。なんどゆうたら、わかるんや。あいはかげろーや。つかのまのいのちなんや。それが、さいごに、ひとのこころをゆらすんや。
「そのせっとくに、こころ、ゆれました」
 おっ、やっとわかったな。みつめれば、みつめるほど、ゆれるやろ、そのこころが…。
「えーこと、ゆーてはるわ。やっぱ」
こうして、りかいできるんや。あしもとをな。「がむでもたべるか、がむ。ほれっ」
「ありがとーございやす。あいはかげろうです」
がむはやっぱ、ろってやな。それもきしりとーるいりがいいで。
「それって、ほんま」
いやー、ほんとのところわからんな。きしりとーるで、きしり・とーる。「おくば、がたがたゆわすで、こんなしょ-もないことばっか、かいとったら」
「しいましぇん」
えんまさまにおこられるで。あいはかげろうのままやったら。

1) https://www.pinterest.jp/pin/830773462495070386/ (閲覧2020.5.11)
2) https://www.instagram.com/p/Ba9c4XelRj-/ (閲覧2020.5.11)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ