No.1616

題名:あなたをつつむすべ~てが~
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1615の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 軽トラといえども、伯父のこの軽トラは快調に走った。もしかして外観だけでなく、エンジンかどこかもチューンナップされているのかもしれない。船の整備にかけては、ぴか一の腕前をもつ伯父のことだ。そうに違いない。
 組合長として働いている今でも、誰も伯父にかなうものはいなかった。ふと晴美さんを見ると、ふふふんと陽気に鼻歌を歌っていた。軽トラといえども、この車でのドライブには満足そうだった。車内の魚の匂いも気にしていないようだった。その時、カーステのFMから曲が流れた。

「ペンネーム、黄昏の初恋さんからのリクエストで、JUJUの「やさしさで溢れるように」1)(図)…」

「この歌、いい曲だよね~、カツオくん、そう思わない」

 晴美さんは、手ぶりを交えながら、この曲を口ずさんだ。

“あなたをつつむすべ~てが~ やさ~しさ~であふれるよ~ぉおに~”

「わたし、この曲でよく踊るんだー」

図 JUJU1)

 その時、手をふった瞬間、ふわりとFlowerの香りがした。晴美さんのあの香りだ。でも、しばらくすると、車内にはまた魚の匂いであふれかえり、晴美さんの香りがかき消された。香りがした時、一瞬、どきりとした。急に鼓動が高鳴り、息苦しく感じた、が、すぐに魚の匂いで収まった。
 それにしても、晴美さん。しなやかな指先と、その手ぶり。きらきらと輝いて見えた。

「わたし、小学2年からダンスしてるんだー2)。どう、カツオくん。うまい?」

「うん、とってもうまい、きれいだ…」

「えへっ(笑)」

1) https://www.youtube.com/watch?v=jIl8_jMMULs (閲覧2020.2.7)
2) https://just-hang-on.biz/geinou/kasyu/e-girls/2521/ (閲覧2020.2.7)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ