No.1608

題名:一台の軽トラ
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1607の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 シャワーを浴びた後(No.1607)、仕事場に向かった。組合にはすでに琉花が来ていた。「るか~…」どうやら大山に行く日程を早く決めたいような様子だった。

「カツオくん。おはよー。昨日電話で話した大山、いつ行く?」

 「そうだなー」、組合の日程を確認した。来週末あたりなら予定がつきそうであった。

「来週末、あたりどうかな。このぶんだと天気もよさそうだし」

「わかった。予定あけとく。それ、で…、明後日に晴美と行く宍道湖のことだけど、もしかしてカツオくんのバイクで行くの?」

「車持ってないし、そのつもりだけど」

その時、琉花の顔が一瞬曇ったような気がした。

「バイクはやめて。友達の晴美とはいえ、バイクでどこかに行くのは、わたしだけにしてほしいの。お願い…」

「分かった。じゃあ、伯父…組合長に軽トラ借りれるか、聞いてみるよ」

 聞いてみると、一台の軽トラが使えるようだった。

「軽トラで行けるみたいだ。伯父…、組合長が貸してくれることになった」

「カツオくん、ありがとう。じゃぁ大丈夫だね、ちょっと安心した」

「大丈夫って…」

「いや、なんでもない…よ」

 なんだか琉花に見抜かれている気がした。やはり晴美さんの夢のことは、琉花には言わない方がいい。そう、判断した。

図 オールペン軽トラ1)

 ただし、その軽トラ(図)は伯父がオールペン(全塗装)した愛車のようであり、「カツオくん、大事に乗ってくれよ…」とくぎを刺された。なんでも、ローラーならではのムラやスジが目立ちにくいマットカラーをベースに開発された塗料およびDIYキット。エアコンプレッサーやスプレーガンも必要なく、伯父でも簡単にオールペンして完成させたようだった1)。作業は2人がかりで8時間程度かかったとのことであった1)。

1) https://www.automesseweb.jp/2016/10/16/11753 (閲覧2020.2.5)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ