No.1607

題名:残されたメリーゴーランド
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1606の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 「ちきしょー、なんでこんなに惑わかされるんだ」

 朝起きて、シャワーを浴びながら僕は、琉花のことを、同時に、晴美さんのことを想い続けた(図)。誰かを好きになればなるほど、深く愛すれば愛するほど、自分がなくなってしまう。現実で、琉花を愛すれば愛するほど、夢での晴美さんが、現実的に思えてくる。

「なぜなんだ…」

 僕はイソベカツオ。それとともに、琉花でもあり、晴美さんでもあった。二人の存在がこころを占める。すべてが幻のようで、そうではなかった。メリーゴーランドのように、ぐるぐると、僕のこころは、現実と夢の狭間を行き来した。

(読者さま:幻やがな。なに言っとるんや、あほやで、こいつ。狭間、メリーゴーランドって。あっほやなー、あきれてまうわ)

そう、まさしく、UnofficialなHigh Highs – Flowers BloomのVideo2)のように、幻なのに、そこに残されたメリーゴーランドは、やはり現実だったのだ。

図 シャワー1)

(読者さま:まっ、Videoではそうやな。確かに。ここは当たっとるで)

 正直に、琉花に、夢の晴美さんのことを話すべきだろうか。それとも話さないほうがよいのであろうか。確かに、晴美さんとは今は、何もない。でも、それでも、夢の中(In A Dream)の晴美さんは、いつもリアル。マドリッドのようにリアルなのだ。

(読者さま:それ、レアル・マドリードの間違いちゃうか)

 こころの中に、風のみ(Only The Winds)が吹くすさび、そうして、僕はHigh Highsな気分でありつつも、 Ólafur Arnaldsな気分にも浸る。それは、琉花にも逢いたくて、同時に、晴美さんにも逢いたいからだった。

(読者さま:めっちゃ、あほや、こいつ。相当よっとるで。でも、Near Light、これもやっぱええなー)

1) https://www.pinterest.jp/pin/737745982695084368/ (閲覧2020.2.4)
2) https://www.youtube.com/watch?v=0LVa4xVBWDE (閲覧2020.2.4)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ