No.1593

題名:その成分の成果
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1592の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 晴美さんと面と向かっていると(図)、学のない僕が何を話せばよいのか分からなく、緊張して、飲み物がいつも以上に進んでしまう。それを察知したのか、晴美さんは、

「カツオくんって、飲めるのね。さすが漁師。びっくりするぐらいペースが速いね」

と言われた。いやー、速いのは面と向かって恥ずかしいだけ。同じアカデミックでも、琉花には随分と慣れた。漁港で多くの調査の話だけでなく、身のうえ話も多くするようになって、打ち解けていたからだ。とはいえ、琉花の友達とはいえ、やはりほぼ初対面に近い晴美さんとのおしゃべりなんて、なかなか難しかった。早く琉花が店に到着しないかなーと思っていた矢先、

図 晴美さん1)

「あっ、そういえば、この前、いっしょに旅行に行ったと琉花から聞いたけど、どこに行ったの?」

「隣の県の出雲大社。この辺でパワースポットある?って聞かれたから、確か島根県の出雲大社って、なんとかパワーなんとかだったなーと思って、出雲?って聞くと、うん、そこそこ。連れてってもらっていい?っていうから、いいよって。次の日にZX-10R(No.1592)で行った」

「へー、いいじゃん」

「でも、その日の帰りに相棒の調子が悪くなっちゃって…」

「相棒って琉花?」 「いや、バイク…」  「バイクね…。そいで…そっからどうしたの?」

「琉花と泊まった…」

「ふーん…。そうだったのかぁ…」

 普段はあまりしゃべらない、ぶっきらぼうな僕だ。でも、やはり20歳以上の飲み物のせいか、あるいはその成分の成果で、だいぶ饒舌になっていた。

1) https://www.pinterest.jp/pin/737745982694875761/ (閲覧2020.1.30)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ