No.1591

題名:こころまっきんりーだった(で)なり
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1590の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 海のはとりは、ほーほけっきょ(No.1590)。けっきょーけっきょーと鳴いている。その泣いている涙から一筋の愛がこぼれ、僕は、けっきょーく、琉花からの純粋なこころを踏みにじったことに気づいた(No.1586)。僕は、とんでもないことをしたのだ。そうじゃない。そうじゃない。そう琉花に伝えるも、彼女の友達であった晴美との間には、もはや何も関係がないとは弁明できない。

 琉花に見られた。晴美と抱き合っているところを。

 僕は、たぶん、その時、酩酊状態にあった。自分でも記憶を失うくらいに、酩酊していた。前後不覚になり、この先のことを考えもせずに、考えることもできずに、酩酊している僕の意識はすでに羽合にはなかった。羽合から、ハワイヘ、そしてアメリカへと壮大な夢が翻弄していた。

 Black Diamondでマッキンリーを制覇する。

 その夢がさらなる酩酊状態へといざなっていた。
 2015年よりデナリ(図)が正式な呼称1)となったものの、当時、雑誌で見たマッキンリーには、こころがすでにマッキンリー。折れそうなくらいすさんだ世界を一変するようなその山並に、こころ打たれ、これぞまさしく、こころまっきんりーだった(で)なり。もしかして、自分が目指す真の世界は、登攀したこともない、登攀の世界なのでは…、そう思いこみ始めていた。琉花にもそのことを相談したかった。

 七大陸最高峰(セブンサミッツ)を制覇する。

図 デナリ1)

と。ただ、その日に限って、琉花から掛かってきた電話はこうだった。

「あのね。今日、ちょっと遅れる。たぶん、友達の晴美が先にそこに到着していると思うけど、それまで晴美と、仲良くおしゃべりしててね…♡」

1) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%8A%E3%83%AA (閲覧2020.1.29)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ