No.1578

題名:しま模様のシャツ
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1577の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 思ったよりも彼女自身はすんなりと僕に身を預けた。彼女から磯の香りが漂う中(No.1577)、初対面なのにまったくの警戒感なしに身を預けるなんて、やはり海の中を漂流したことで、疲れているのだろう。病院に連れていった方がいいのかもしれない。

「もし疲れているのなら、病院で診てもらったほうがいいと思うけど…。海の中を漂流していただなんて、普通じゃないし。今から行く?」

「今、とりあえず、服が着たいの」

 そうだった。波打ち際で倒れた時のままの彼女は水着しか身につけていない(No.1575)。季節的には暖かいとはゆえ、今は、少しでも彼女の身体を温めることが必要かもしれなかった。幸いにして、僕の家は海岸のすぐそばにある。彼女の背格好も妹に近い。妹に事情を話せば、服をとりあえず貸してもらえるかもしれない。

「じゃぁ、僕の家はすぐそこだけど、今、歩ける?」

「うん」

 二人で歩いて家に向かった。家に着くと、玄関先に妹がいた。

「あっ、兄ちゃん。もしかして彼女? しかも、外人さんで水着じゃん。ナンパでもしたの?」

「アサリ。おまえの服貸してくれないか。実は、この人、コンブチャンって呼んでいるんだけれども、今朝、海岸で漂流していたみたいなんだ」

「えっ…」

 そうして、妹に事情を説明した。妹はすぐに部屋に戻り、しま模様のシャツを持ってきて、彼女に着せた。

「わたしとサイズ、ぴったりだね」(図)

図 とりあえずコンブチャン1)

1) https://www.tumbral.com/tag/quiensoscolo (閲覧2020.1.17)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ