No.1540

題名:人の気持ちを癒す愛のスパイス
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1539の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 看護師さんが店に入ると、タンちゃんを見て睨んでいるような感じがした。(ふん、なにさ、この人。ちょっと仕事ができるからって、えらそうに。ガエールくんは私のものだからね)っていう看護師さんのこころの声が頭の中で響いた。(えっ、ラーメン食べに来たんじゃないの…)、との思いはあれども、ラーメンを提供する際には、その愛の結晶に妥協はゆるせない。おやっさんはいつもながらの手つきで淡々とラーメンを作り、タンちゃんは看護師さんにラーメンを差し出した。

「猫ラーメンスペシャル、どうぞ」

差し出した時、看護師さんはまたもタンちゃんを睨み返し、人の気持ちは分からないものだと思った。でも、ラーメンを食べた途端に、彼女の顔がほころんだ。(おいし~)。そう、おやっさんのラーメンには、人の気持ちを癒す愛のスパイスが混入されているのだ。だから、食べれば分かる。その癒し効果が。

「ガエールくん。美味しかったよ。また来るね♡」

 そうして、ハートマークであふれかえる厨房は、12時には忙しさを極め、今日はいつもより早く、2時半にはすべての仕込みが終了とともに一日で出すラーメンの数量もはけ、閉店した。

「おやっさん。今日の売れ行きはすごかったですねー」

おやっさん:「昨日の臨時閉店で、今日はいつもよりも人の回転がはやかったかもしれへんな」

「すいません」

おやっさん:「いいってことよ。でも、やっぱり数量限定すると、悲しいもんやなー。もうちょっとラーメンの数量を増やしてもええかもしれへんな」といって、あの悲しい目をした。

 その夜、再び妙な夢を見た。真っ赤な女性が4人も路上に倒れている。そんな夢だった。

図 路上に倒れる1)

1) https://www.pinterest.jp/pin/625789310701351403/ (閲覧2019.12.30)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ