No.1528

題名:妙な夢を見た
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1527の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 (まるで狼のように血に飢えて欲するのは、なぜなのだろうか。気がつくと、朝方になって、口元から血が滴り落ちている。あたり一面に血が散乱し、一体、僕は、俺は、何をしてしまったのだ。そんなはずはない。僕は、まっとうにやがてNakajo家の執事になるだけの、Gaeele家の生まれなはず。執事になることは、もはや運命であり、宿命。なのに、朝目覚めると、口元から血が滴っている)

「はっ」

(ここで目が覚めた。なんだか妙な夢を見てしまった。ベッドから起き、鏡を見ると、明らかに口の周りに赤紫の液体がついている。そして、口の中も、その液体の残り香で占められている。夢だろう? これは、夢じゃないのか?)

「はっ」

 二度寝して、もう一度目が覚めた。今日は、変な一日になりそうだった。おやっさんの苦渋の決断(No.1527)で、ふと感じたおやっさんの悲しそうな目がそうさせたのだろうか。
 テレビをつけると、このアパートの近くで首筋から血を流して女性が殺害されたとのこと。物騒な世の中になったもんだ。そう言えば、昨晩の月は異様に赤かった(図)。妙な夢を見たのは、その月の影響もあるのかもしれない。

「おはようございます」

「おっ、ガエールくん。今日は、はえーな」

「おやっさんの仕込みをじっくりと見たくて、早く目が覚めてしまいました」

「そうか。じゃ、少し教えてやるかの。むずいで~おっちゃんの仕込みは…」

図 赤い月1)

「覚悟しています」

「そうか。その心構え、ええこっちゃ」

1) https://www.pinterest.jp/pin/596093700664358966/ (閲覧2019.12.26)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ