No.1517

題名:おやっさんの頑なまでの極道な生き方について
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1516の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 何日か店の前に立った。でも、なかなか客足は増えない。いつも来るのは常連さんだけであった。常連さんと会話しながら、人の入りが少なくとも、おやっさんのラーメン作りにそそぐ極み道には、並大抵の意気込みではなかった。それは、おやっさんの頑なまでの極道な生き方なのかもしれない。
 僕は、連日店に立ちつつも、新たな客を獲得できないことに、ふがいなさを感じていた。でも、それでも、時折、猫ラーメンの店の前に立つ外人が珍しいのであろうか。特に、女子が珍しそうに猫ラーメンの店をスマホで写真を撮ることが多くなった。そして、ある時、女子に声をかけられた。

「あのー、猫ラーメンって、ここですよね? もしかして、ガエールくん?」

「そうだけど(どうして僕の名前を知っているのだろうか?)」

「きゃー、かっこいいー」

 不思議そうに見ていると、その女子は

「ほらっ、ここ見て。知らないの、インスタグラム」

そうしてみると、#ガエール、#猫ラーメンのハッシュタグつきで、「イケメン従業員のいる、いけるラーメンズ、猫ラーメン。(≧∇≦)キャー」

と書かれ、僕の写真がアップされていた(図)。

図 アップされていた1)

「今、お店、空いてる?」

「どーぞどーぞ」

 その日を境に、なぜか猫ラーメンに女子の客がどんどんと増えてきた。でも、粋がっていたあのころに比べて、執事になる運命も受け入れ、僕の眼力は落ちていたはず。なのに、連日、どんどんと女子が増え始め、ラーメン女子の時代を到来か?と感じていた。それでも、客が増えても、おやっさんは職人然として、もくもくとラーメンを作っていた。実にかっこいい、おやっさんだった。

1) https://www.pinterest.ch/pin/372954412873106335/

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ