No.1503

題名:いけるんじゃないの? -戦いの前哨-
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1502の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 そうして、熾烈なる決闘(Duels)が始まった(No.1502)。それは、Gaeele家とMerame家の血統のため、でもある。ただ、その、それは、夫と嫁、あるいは、嫁と姑のそれとも類似して、熾烈極まるものでもあった。

「いつも、ゴロゴロばっかりして。少しはうちの家事を手伝ってよ」

「じゃあ、なにすればいい?」

「とりあえず掃除して。ここの部屋、どう見ても汚いでしょ」

「分かったよ」

 しぶしぶと掃除すると、

「ほら、そこも汚い。そこも。ほらっ、そこも。早くやってよねー」

「わかったよ(ちょい怒)」

 今度は、姑が来ると、

「○○さん。いつも部屋が汚いのはどういうわけですの。あんた、ちゃんと掃除してるの?」

「していますよ。し・て・い・ま・すぅー、ちゃんとね(うッせーなーババア。ちくしょー。今度、うちの旦那に掃除させよっと、怒)」

 姑が帰れば、

「この前、ちょっとリップ、フンパツしちゃった。結構、いけるんじゃないの? まだまだ、あたし、いけるんじゃないの? ネイルもいい感じー。まだまだ、あたしも捨てたもんじゃないわね」(図)

図 いい感じー1)

1) https://www.pinterest.jp/pin/391602130073880701/ (閲覧2019.12.13)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ