No.1502

題名:Duels of Vampires
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1501の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 自らの、今の自らの変貌がどのようなものかは分からなかった。ただ、「what could you offer as incentive, when everything i want from you, you’re already going to give me.」(図)として、俺は明らかに変貌した。そう、Gaeele家のバンパイヤとして、怒りの中、俺はついにその本性を現したのだ。

図 本性1)

「ヨウヤク オメエモ ホンショウヲ アラワシヤガッタナ」

「イマコソ ワガMerameケ ト Gaeeleケ トノ インネンノ ショウブヲ ツケツトキガ キタヨウダナ」

 湧き上がる血潮の中、俺はなぜだか不思議と一つのセリフを諳んじた。

「我が名Eiigoに集いし、Gaeele家の血筋よ。その血筋たる執事のしもべは、たった今、解放され、そうして、ここに、黄泉がえるのだ」

「正統なるバンパイヤの血統を解き放て。過去の亡霊どもよ、今、我に続くのだ」

 そのセリフでもって、気がつくと俺の背後に50体はあろうか、バンパイヤの姿があった。それは、まさしくGaeele家の種族だった。そうして、目の前にいる50体のグレイの影(No.1486)も、Merame家のバンパイヤ種族として、みな変貌を遂げていた。

Duels of Vampires

 ここから、両バンパイヤ(Vampires)の血統を、決闘(Duels)すべく、Gaeele家とMerame家の壮絶なる戦いが始まった。

1) https://www.pinterest.jp/pin/770045236260619292/ (閲覧2019.12.13)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ