No.1498

題名:自然とノックアウト
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1497の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 問われた時、もちろん、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートの学生でないと問われた時(No.1497)、僕の顔はソフィーに分かりやすい表情をしていたのかもしれない。すぐさま、ソフィーに言われた。

「あなた。ここの学生じゃないでしょ」

 そう言われれば、身もふたもない状況へと陥った。確かにそうだった。が、その後のソフィーの微笑みには、それを許してしまう、それを、なんとも思っていない雰囲気があった(図)。だから、彼女に、

「もしバレたくなかったら、ちょっと、この後、わたしにつきあってくれる?」

そういわれた時に、即答で「イェス」と答えざるをえなかった。ただで講義を聴講しているのが、バレるとまずいという気持ちよりも、むしろ彼女の微笑みに自然とノックアウトされたのかもしれない。

「いったい、どこに?」

「別に…」

 少しそっけない感じであったが、それも彼女らしい雰囲気であった。しかし、それまでに、たった数ことを、彼女と交わしただけなのに、彼女の存在が僕の中でクローズアップされ、彼女と、この後、時間を過ごすことが運命づけられている。不思議にそう感じていた。

図 ソフィー・ターナー1)

 ロイヤル・カレッジ・オブ・アート近くのカフェ、確かHjem Kensington2)で彼女と話していると、芸術に関して、特に音楽に関して、あまりにも似た趣向があることが分かった。彼女もその感じを受け取って、お互いに初めて話したにも関わらず、話題が尽きなかった。

「わたしね。将来、有名なPhotographerになりたいの。特にMusicianのような異世界の人をバシバシと撮りたいの。Mick Rockのようにね。あなたも、異世界の人っぽかったから、前から気になっていたんだけど、もしかして、バンドやってる?」

1) https://blondiepoison.tumblr.com/post/163103224831/sophie-turner-by-shayne-laverdiere-for-the (閲覧2019.12.12)
2) http://hjemkensington.com/ (閲覧2019.12.12)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ