No.1492

題名:人間とは異なる種族
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1491の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 「ヨク オボエテルジャ ネーカ」

「ワレワレノ ヒメサマヲ オメエトイウヤツハ…」(No.1491)。

「ツイデニ オシエテヤロウ。オメエノ Gaeeleケノ ケダモノ(No.1486)ノ ホンショウヲ。オメエノ キオクヲ ショウキョシタ オバノ ホンショウモ。ソシテ オメエノ チスジヲモ」

 スクリーンにあの時の、僕の記憶を消去し、豹変したあの時の叔母(図)が現れた。しかし、俺の記憶している叔母の姿と異なっていた(No.1473)。もしかして、恐怖のあまり御記憶、おっと、誤記憶が刻まれていたのであろうか。いや、でも、その面影は、叔母そのもの。間違えることはない。多少、雰囲気が異なっていても、

バキ、バキバキ

という音がした時の叔母の様子、そのものであった。ここで、改めて丁寧な記憶、御記憶が黄泉がえった。

(でも、まてよ。これって人間?)

図 叔母さん1)

 不思議に思えた。どうみても人間とは異なる種族のようだった。

「ヨーク ミロ。オバノ クチモトヲ ミロ」

「コノアト オメエハ オバニ クビスジヲ ツヨク カマレタノダ。ソウシテ オメエノ キオクガ ショウキョサレタノダ。アノ カリーナノ キオクガ(No.1474)」

「ソウダ。オバトオナジク オメエハ バンパイア。バンパイア ノ シュゾク ナノダ」

 一瞬、めまいがした。宇宙船(DFO)に酔ったのだろうか。いや違う。宇宙船(DFO)は波打つことなく巡行している。俺の体力も24か25歳のころそのもの。(俺が、俺が、バンパイアの血筋だと)。

1) https://www.pinterest.jp/pin/737745982693632981/ (閲覧2019.12.6)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ