No.1475

題名:いつも鼻水と涙が止まらない
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1474の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 完全に、完全に、過去の記憶の森が開かれたかもしれない(No.1474)。僕には、きっとユングりと、なにか、深層心理的な、なにか、あるいは、潜在意識的な、なにか、それが封印されていた。それが、カリーナ号のキーによって(No.1474)、たぶん明らかに解かれた。カリーナは、カリーナは、僕にとってやっぱり特別な存在だったのだ(No.1471)。その特別さは、本当に、Terry Lewis, James Harris and Janet JacksonのCome Back To Meとして、リプレイしたがる、のだろう。
 その曲は、特別な関係を思い出させる上での、この上ない素晴らしい曲。でも、確かに古い。1989年。だからこそ、声を上げて言いたい。この曲は、名曲なのだと。リプレイしても、リプレイしても、その良さは、時代に関係なく、素晴らしい。だからこそ、特別なのだ。カリーナ、Come Back To Me。

(大好きなんだ。やっぱカリーナのことが、大好きなんだ)

 ここで、送れてしまった。でも、遅れてしまったその言葉は、もはや、送れても、遅れない印として、痕跡となる。そうだった。どんな状況であれ、どんな時であっても、僕は、Joeの如く、何度も、何回か、引用した回数も思い出すことなく、I Believe In You。サイコー。めっちゃサイコー。Joeサイコー。このMVを見るたびに思う。本当の大事なことは、Joeが言うが如く。

I believe in you
I swear that forever from today
No one will ever take your place

なのだ1)。これを聞くたびに、いつも鼻水と涙が止まらない。Joeサイコー。Joeサイコー。

(逢いたいよー。カリーナに逢いたいよ)

図 中条あやみお嬢さま2)

 旅館での昏睡から目が覚め、カリーナ号のキーが転げ落ちる音が響く中、僕の、うぬのそばに、中条あやみお嬢さまがいることに、気がついた。

「江後ガエール(うぬ)さん。体調どう?」

1) https://genius.com/Joe-i-believe-in-you-lyrics (閲覧2019.11.27)
2) https://www.pinterest.jp/pin/535928424408731402/ (閲覧2019.11.27)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ