No.1428

題名:赤い彗星でシャアーっと
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1427の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 ポスターを貼り直した後(No.1427)、ドン(ワイさま、そのハムスター)は、まるでネズミのようにポスターにチューしながら、

「Ti amo per come sei」

といった。分かりにくかったので意味を調べると、Guido & Azzurraの”Ti amo per come sei”があった。そうして、そのバックには(cover)のEvery breath you take。そこで、(cover)を調べると、Pia AshleyのThe Police Coverがあった。さらに、面白いことに、そこの3年前でも、なんとLe mood de Jajaさんのコメントには、こう書いてあったのだ。「Your Guitarist looks like Daril in “The Walking Dead”」。

(本当だ。Daril in “The Walking Dead”)

「じぶん、めっちゃええところに気づいた。なかなかええ勘しとるやないか。そうや、ダリルや。これに、ホール&ジョン・オーツをつければ、言葉が、完成するんや。なに、名前のつづりがちがうってか。そんなこまけーこと、どーでもええがな。それが、ダリル・ホール&ジョン・オーツのPrivate Eyesにつながるできごとなんやで。まさに、「Every breath you takeがストーカーの曲なら、Private Eyesは調査員と言ったところですね」1)という意見に、見事にリンクするんやでー。(そう。愛することは難しい。でも。愛することは素晴らしいことなんだ)(No.1427)にもつながっとるでー。うまい具合にー」

 確かにそうかもしれない。Humanの愛は、The Human League (人同盟)でもあり、Cruel Love (クルエル・ラブ)でもあるわけで、そこにFumanが産まれ、狂えてしまうのだろう。

「じゃ、マサーミちゃん。愛車で、今からシャアーっと行っか。カターニャに」

「あれっ? タオルミナじゃなかったのですか」

「一応、うちのNo.2のチーズstarをミニいくんやで。でも、行くのはミニでやないでー。マサーミちゃん運転する、愛車、赤い彗星でシャアーっと行くんやで(図)」

図 赤い彗星2)

1) http://sate-konokyokuwa.blog.jp/2018-02-27.html (閲覧2019.10.25)
2) https://www.supercars.net/blog/1969-dino-246-gt-gallery/1098886-1536/ (閲覧2019.10.25)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ