No.1349

題名:自己暗示にかける
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1348の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 上司のマクセリーナ・イズミさんは、次の会場に向かうDriveの最中、間違いに気づき、こういった。

「協賛会社の彼は、もしかして、サン・マイバさんでなく、ヨン・マイバさんだったのでは…」

信号待ちに、書類(No.1346)に目を通すと、そこには彼の名前が「サン・マイバ」と誤って記されていたことに気づいた。サとヨで、自我煮ていたことを意識せず、無意識にプレゼン中、ずっと、サン・マイバさんと紹介していたかもしれない。大きな過ちを犯した。自我煮ていたのだ。自我煮過ぎて、固くなり始めていたのだ。自我が。そう、I made a big mistake…Would?

(やべーぞ。めっちゃ、やべー)

「まあ、終わったことだから仕方ないわ。でも、後でヨン・マイバさんに謝るしかないわね」

上司のマクセリーナ・イズミさんは、やさしくなだめてくれた。

(ヨン・マイバさん、すみません。間違えてサン・マイバさんと、プレゼンしていました。すみません)

 そうして、自分の過ちに対するonus(責任)が追求される。そのプレゼンは、onus (重荷)だったのかもしれない。またまだ、青二才の自分には、明らかに、onus (負担)だったのだ。
 
「でも、間違えても、ハートがあればダイジョーブ。ダイジョーブな、グッジョブよ」

社に帰ると、社長の藤井美菜さん(図)は、そう、笑顔で伝えてくれた。

(しゃちょー♡)

 もはやRebornするしかない。その重低音でもって、次のLet Goへとつなぐしかないのだ。そして、ふつふつと、自己暗示にかけるのだ。

(ええんじゃ。これで、Ennja。No.1348の続きで、これで、Ennja)

図 藤井美菜さん1)

1) https://www.pinterest.jp/pin/717690890595821304/ (閲覧2019.7.19)

 
pdfをダウンロードする


...その他の研究報告書もどうぞ