No.1285

題名:甘えてみたい気持ちに駆られるでしゅ
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1284の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 なんたるご時世であろうか。
こうして何度も何度も読み返すなりに、読み返せば読み返すほど、理解不能となるここ何度もの恋作に対して、自分自身で、その創作への道しるべがさっぱりとわからなくなりつつあるが、そうしてもまた、ここで綴る何かは、文章の点なく、転もなく、ただたんにダラダラと過ごしているかのようで、ちょっとばかり反省すべき点もあろうかという意気込みで持って、さらに恋を連作せねばと、恋作続け、やがてくるのかこないのか、キター、との想いでひねりだすその姿は、はたから見ると、ハタハタのように骨まで食べられるかもしれないとのその勢いに、自らが骨まで食べられるかもしれない、との危機感を持って挑んでいるわけでありますが、なかなかこれが心地よくてたまらんのです殿、として、との、がいつしか、殿、となり、そうこうするうちに、江戸時代へとタイムスリップする。
 「殿。今宵は、どのような展開がよいでありましょうか」、「うむ、そうじゃな。じゃ、こういうのはどうじゃ」、「ひそひそひそ」、「殿。それは、名案でごじゃる」、「そうじゃろ、そうじゃろ」、「殿。さすがでございましゅる」、「そうじゃろ、そうじゃろ」と上機嫌な殿。しかしながら、意外と江戸時代の雰囲気を作り出すのが難しく、この辺で「この紋どころが、目に入らぬかー」、「ははー」にも似た気持ちで、印籠を出す。昔と違って、時代劇が少なくたった昨今、そういうご時世でも愛交えて、ここで、再び愛を誓うわけである。
 それは、「明るいNational」としての時代の変化でもあろうか。
 白物家電として愛したNationalはこの世にはすでになく、それはもはや中世時代にあった出来事のようにも思え、白物で衣装したあの愛を誓った日々(図)。こころの中に取り残されたまま、令和時代の今でも、平成、昭和、大正、明治と時代を遡るようでもあり、そうして、再び、天がなき文章であることに気づきつつ、はやく神様出てこないかな、今日は宇宙人カミサマーン(No.1278)が、天から降りてこないなーと思いながら、ダラダラと綴っているので、この辺できっと読者様にリターンキー、いや、この辺ではなく、もっ

図 白物衣装1)

と早くから押されているに違いないとの確信を得つつも、そのダラダラが止まらず、いやはやどういうことと責められるも、どうしようもない事実として、意味のないことを止めどなく記述している。ここで、ようやく点が出た。点が出たのだ。その点は、たぶん10点、いや、もしかしたら内容的には、0点のレベルかもしれない。でも、アイスるちゃん(No.1284)を見れば、きっとアイスを食べてしまうのです。こよいもアイスをたべてしまうのでしゅ。と少しばかり、甘えてみたい気持ちに駆られるでしゅ。

1) https://www.pinterest.ru/pin/554857616569989404/ (閲覧2019.6.13)

 
pdfをダウンロードする



...その他の研究報告書もどうぞ