No.1269

題名:登録ナンバー737745982689575735
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1268の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 「おぬし、や・や・やるな。もはや、これまでか。無念じゃ。」というかつての江戸時代において、血で血を洗う抗争は、現在もなお続いている。いや、続いていない、それは犯罪だろうとするも、確かにそうかもしれない。今の世の中で、血で血を洗う抗争があれば、そこに警察が関与する。そうして、「御用」となるわけだ。ただし、今現在に生きている人々は、過去の何らかの血で血を争った中での生き残った世帯でもあり、ある時から、まあるく収まった結果として、現在に生き延びている。その過去の歴史を探れば、まさに、おっかねーであるが、そのおっかねーによって半ば序列が決まってしまう現在は、先の抗争は、高層ビルの最屋上に移転し、そこに住めば住むほど、住めれば住めるほど、世の中を見下ろす立場として、君臨する。
 このように歴史を構想すると、足跡のない人類の歴史も、妄想できる。動物界では毛がないといわれる人類も、怪我あって、それを助けた命の恩人も無視できない。抗争の裏には、きっと愛ある構想もあったに違いない。それは、「南無阿弥陀仏」かもしれないし、「アーメン」かもしれない。きっとPriest(プリースト)は、高僧であり、ジーザス(Jesus)な存在であったのであろう。ちなみに、イングランド出身のヘヴィメタル・バンドは、ジューダス・プリースト(Judas Priest)であるが、Judas sold Jesus(ユダはイエスを裏切った1))として、そのボーカルを務めるロブ・ハルフォードは「メタル・ゴッド」という愛称でも知られている2)。そうして、王道として行くはずのここの記述も、ここからはいきなり裏切りにあうのだ。唐突として話題が変換するのだ。
 そう、言いながらも、ネタがない。このことから、やはり返還せざるを得ない。すなわち、貧困な頭の中は、高層ビルに住まうことを許されない、小市民として、頭の中の小人が言葉巧みに操るのだ。「いまだ、いまこそ、立つのだ、立たねばならぬ。そうしなければ、高層ビルには一生住めないぞ。せめて、人生において一勝しようではないか。」と。
 高層ビルに至るまでは、幾多の関門がある。まずは玄関、そうして、エレベーター。高層ビルのエレベーターは、国内シェアの1位である三菱電機なのか、あるいは、2位の日立製作所なのか、あるいは、3位の東芝エレベーターであるのかは3)、分からない。それは、高層ビルのオーナーが決めることだ。次に部屋の登録ナンバーだ。これはすでに分かっている。表題にもあるように登録ナンバー737745982689575735が部屋のキーとなっているはずだ。なぜなら、そこに居る彼女は、いつもあなたの帰りを待ちわびているからだ。いつも熱いスープを用意して、愛の一手(No.1268)で待ちわびているからだ(図)。

図 おいしいわよ~4)

1) https://ejje.weblio.jp/content/Judas (閲覧2019.6.6)
2) https://ja.wikipedia.org/wiki/ジューダス・プリースト (閲覧2019.6.6)
3) https://www.tokyoelevator.com/エレベーター製造メーカーについて.html (閲覧2019.6.6)
4) https://www.pinterest.jp/pin/737745982689575735/ (閲覧2019.6.6)

 
pdfをダウンロードする



...その他の研究報告書もどうぞ