No.1231

題名:「誰と一緒にいるのか静かに見てください。」の謎
報告者:ダレナン

 本報告書は、基本的にNo.1230の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 ついに読んだ。ついに読んだのだ。ドストエフスキーの「罪と罰」を(No.1230)。そうして、分かったことがある。これを文字で、小説として読むのは、相当に大変であるということが。そこで、初めて理解する。まんがはいいものだ。そこで、研究成果を披露せねばなるまい。それは、ドストエフスキーの「罪と罰」によって恋する文学者としての筆者の大いなる道しるべにもなるに違いない。
 まずは主人公がイケメンに描かれていた。最後の方には、若干ゾンビ的な絵もあった。そして、登場人物の名がロシア的であった。その登場人物の一人によって、ストロガノフを思い出した。
 これが、これが、我が研究成果のすべてである。自己自慢ではないが、相当に価値のある「罪と罰」研究として、この成果は歴史に刻まれるであろうことは予想できる。天にいるノーベルもきっと真っ青であろう。そうして、恋する文学者としての筆者の地位も、ここでようやく確立したかのように思える。それは、混乱した頭の中でもしっかりと自己を見据えることができた証拠でもある。
 やったー、やったぞ。
 ただし、ここで、新たな疑問が提出された。ドストエフスキーの「罪と罰」の最終ページには、新しい物語はここから始まるとされ、それによって導かれた「誰と一緒にいるのか静かに見てください。」が謎でしょうがないのだ。Red Life さんが「Card」に保存しました1)、の画像についているその文言が謎で生姜ないのだ。
そう言えば、生姜をきらしていたかもしれないことにもつながった。「しょうがないわねー」という目線にも見える彼女は、静かに、静かに、こっちを見ている。きらめく太陽の明かりの中、もう一度目を凝らすと、図の左下には18 5 14との日付も挿入されていることが確認できた。これが2018 5 14だとすると、約一年ほど前のものとなる。そこで、これをヒントに調べると、ドイツ下水道国際展示会「IFAT2018」がその日時にあったことが分かった2)。そこを詳細に見ると、ノイシュバンシュタイン城というキーワードが浮かび上がった。ノイシュバンシュタイン城は、城内は写真撮影NGであるようである2)。が、これが城内での撮影とすると、これを許可されるのは、王子様とお姫様しかいない。これで謎が解けた。

図 お姫様1)

彼女は、ノイシュバンシュタイン城のお姫様であり、撮影し、一緒にいるのは、王子様だ。

1) https://www.pinterest.jp/pin/629729960376206051/ (閲覧2019.5.24)
2) https://www.kabu-hokuryo.com/18-514-18-ドイツ下水道国際展示会「ifat2018」視察!/ (閲覧2019.5.24)

 
pdfをダウンロードする



...その他の研究報告書もどうぞ