No.1217

題名:彼女は天使のように、かわいい
報告者:ダレナン

 時折、瞑想を求める修行は、禅に似て、己を高みに移すことができる。しかしながら、煩悩に支配されている頭の中では、その瞑想もむなしく、よこしまな足る以上を知る。そうして、瞑想して清らかとなったであろうこころも、やがて煩悩まみれで、迷走する。その様子は、傍から見るとピエロ的でもある。
 ピエロ的とくれば、スティーブン・キングのITが思い出されるかもしれない。そのキャッチコピーは「“それ”が見えたら、終わり。」であった1)。そんなバカな、そんなバナナと思いつつ、バナナをかじりながら、ネットサーフィンをする。その主要なアプリは、ここ最近、癖になっているPinterestである。以前は、ここでのアカウントを登録しながらも、まったく利用していなかった。それにも関わらず、ここ最近で盛り返しているのだ。その手軽さに。とにかくPin、そしてPinである。
 そうして、若干横着しながら、テキトーに眺めて、テキトーにPinする。そうして、「“それ”が見えたら、終わり。」となって、意味もなくここで綴る。その思いは、何でもない。まさに、テキトーの極みとして、もはや、Pin後の虜なのだ。
 ふと見ると、グレーとベージュをミックスしたカラーが「グレージュ」。赤みを抑えた透明感あふれるヘアカラーで、ベージュに近いと明るめの髪色に、グレーに近づくと落ち着いた髪色をゲットできるとある。ゲット、なんだか懐かしい。それにsがついて、ゲッツ。ちょっぴり懐かしい。
 でも、このゲットは、南雲秀人さんが「天使」に保存しました、とあるように、天使的な雰囲気をたたえた彼女(図)は、ただの、ただの、ヘアーモデルのようであった。リンク先も、beauty.hotpepper.jpで、【2018・春】外国人風のヘアカラー「グレージュ」で、透明感あふれる髪型をゲットしよう♪である2)。そうして、そこの元のアドレスに示された内容をチェックすると、「透明感のあるプラチナグレージュのカラー♡デジタルパーマをかけ、前下がりのボブスタイルでミステリアスな魅力がいっぱいです♪」となる。このことから、ハートマーク、8分音符は必須であることが伺われる。さらに、ミステリアス。たぶん、彼女の名前は知ることがない。ヘアーメイクを実施したであろう大阪府大阪市中央区南船場4-11-9 コムズビル2FにあるStill Lifeだけが知っているかもしれない。

図 天使ちゃん2)

 なんなのだ。このテキトー感は。テキトーすぎるだろ。そうして、またも、ネコのサマンサに睨まれる(No.1160)。でも、大阪府大阪市北区太融寺町8-17 プラザ梅田ビルB1FにあるLIV OSAKAでも、同じ彼女が散見できた4)。
 もはや、実在と、CGが混在した今の現在。彼女は現実なのか、それともCGなのか。もはやどちらでもいいが、この報告書は、南雲秀人さんをまねて、「彼女は天使のように、かわいい」とだけ、恥ずかしげもなく伝えるテキトー感満載の、アホ丸出しのものである。

1) https://www.fashion-press.net/news/33188 (閲覧2019.5.17)
2) https://www.pinterest.jp/pin/603904631254407279/ (閲覧2019.5.17)
3) https://beauty.hotpepper.jp/magazine/434544/ (閲覧2019.5.17)
4) https://beauty.hotpepper.jp/slnH000405294/style/L015705885.html (閲覧2019.5.17)

 
pdfをダウンロードする



...その他の研究報告書もどうぞ