No.1160

題名:「ニャンたる体たらく」をネコ目線で論じる
報告者:ダレナン

 実際にネコの目線はどうなのであろうか。ネコの視覚から実際の世界を文献1)から覗いてみると、ネコの視野は人間の180度よりも広い200度程度あるとされるも、視界の端でぼやけて見える。そして、その周辺視覚は30度とされる。ただし、薄明かりの下では人間の6倍から8倍ものを見ることができる。このことから、ぼんやりとした筆者の頭の中も、クッキリと見えているのかもしれない。そこで、ネコに伺ってみる。

筆者:最近どうでしょうか。頭の中は。

サマンサ(ネコの名前):そうね。だいぶいかれてるんじゃないの。

図 サマンサ2)

筆者:やっぱり、そうでしょうか。

サマンサ:だって、最近の報告書、体(テイ)がなってないじゃないの。いったい、ぜんたい、どうなってるの?

筆者:どうもしないですけど。なんだかぼやけてしまっているのです。

サマンサ:そんなことだろうと思った。ニャンたる体たらく。

筆者:どうしたらその体たらく、治るのでしょうか。

サマンサ:そう簡単に、治らないんじゃないの。でも、気にしなくていいんじゃない。どうせ、大したこと書いたことないんだし。

筆者:そのつもりではないのですが。

サマンサ:まっ、どっちでもいいわ。時が経つまで、別にこのままでもいいんじゃないの。

筆者:ありがとうございます。

そうして、サマンサに見つめられると、なんだかホッとした。そうニャンだ。別に、体たらくでも、いいんだゾウ。そうして、やがてゾウさんも登場するかもしれない。ゾウさんの名は、パオン様である。パオン様は、イオン(株)のグループ企業の株主でもある。

1) https://buzzap.jp/news/20131017-cats-eye-view/ (閲覧2019.4.23)
2) https://www.pexels.com/ja-jp/photo/1828875/ (閲覧2019.4.23)

 
pdfをダウンロードする



...その他の研究報告書もどうぞ