No.1138

題名:餃子の数をカウントする
報告者:ちょろりん

 本報告書は、基本的にNo.1129の続きであることを、ここで前もってことわりたい。

 近頃、なかなか難しい問題、ちょー難問に出くわすことが多い。報告書のNo.1129ではチョッピーノというちょー難問に結び付いた。ここでは、餃子に関する問題が再び、提出された。それは餃子の数をカウントするというちょー難問であった。
 数を数えるのは、通常ならば、1、2、3、…となる。これは自然数と呼ばれる数字である。自然数には時には0を含めることもある。しかしながら、餃子に0はありえない。なぜなら、お腹が減っている状態での餃子0は、明らかに問題として誤っていることが理解できる、からである。そのため、0のない自然数が、餃子の数をカウントするにはふさわしい数え方となるであろう。そこで、図の餃子を数えてみたい。

1、2、3、…、30 (?)。

図 一刻餃子1)

見た目には30 (?)とカウントできる。しかしながら、はたして、30の餃子で設問に答えられたことになるのであろうか。もう一度、カウントすると、

120個いりーーーーーーーー。うほーーーぽーーー。ひゃくにじゅっこぉぉーーー。

1) https://item.rakuten.co.jp/okehazamafoods/1003/ (閲覧2019.4.10)

 
pdfをダウンロードする



...その他の研究報告書もどうぞ