No.541

「考え方の違いは是正できない。できるとしても、どちらかが、結局は譲歩するだけである。それは意味のあることなのか?」に関する主観的時間の知覚論

 

報告者:

上はpdfになりますので、クリックしてダウンロードして読んでいただければ幸いです。なお、pdfの青の文字はハイパーリンクとなっております。



テキストで読みたい場合は、下をクリックしてください。



...その他の研究報告書もどうぞ

ダレナン

ダレナン